管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS こんな事件が起こるとなると

<<   作成日時 : 2018/04/04 19:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

数ある動画投稿サイトの中でそれこそ世界的規模で有名となるとYouTubeが挙げられると思いますが、ただ最近所謂「ユーチューバー」のトラブルもまた目立ってきているような気もするんですよね。まあ、動画を手軽に投稿できて世界中の人から見てもらえる分、それだけトラブルというのも起こる可能性がある、という事なのかもしれませんが、そのYouTubeの本社があるカリフォルニア州でこんな事件が発生したようですね。

「ユーチューブ銃撃、自殺?の女は負傷者と面識か」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20180404-OYT1T50031.html
「投稿動画の閲覧制限に不満か…ユーチューブ銃撃」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20180404-OYT1T50107.html

なんでもこの容疑者の女はYouTubeの本社の敷地内に入って複数人に発砲した後自殺したそうですが、敷地内に侵入を許すとはYouTube本社のセキュリティはどうなっとるんだ、という気もしますが、なんでもこの容疑者の女、YouTubeに投稿した自分の動画に閲覧制限がかかったことに不満をもって犯行に及んだとかいう話のようですね。

いや、これはYouTubeに限らずデイリーモーションやニコニコ動画などでも同じなのですが、例えば有害と思われるコンテンツやポルノ、あるいはTV番組をアップロードすることは規約違反になっていて、それが見つかり次第(あるいは著作権者から申し出があった場合)削除されたり閲覧制限がかかったりするものなのですが(ただ実際にはアップロードされる動画の数が多すぎて全部にまで行き届かないのが現状だが)、この容疑者がどのような動画を挙げたのか管理人はわかりませんが(別に見るつもりもないが)、もしそれで閲覧制限がかかったとしたらYouTubeの規約に引っかかったという事で自分の責任になるのではないか、と思うのですが。

まあいずれにせよこういったことが起こるとなると投稿者ももしかしたら自分の動画が何らかの形で制限がかかってしまうのではないか、と思うだろうし、YouTube側もまた同じようなことが起こるのではないか、と思ってしまい、いずれにもプラスにはならないのではないか、と思いますが。
動画投稿サイトというのは気軽に利用できる分、こういったことも起こる、というのを考えながら利用しなければいけないのかもしれませんね。


YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち
文藝春秋
ロバート キンセル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんな事件が起こるとなると 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる