管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS これって信用を無くす行為では?

<<   作成日時 : 2018/02/14 19:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ミュージシャンにとっては商売道具と言えば何と言っても楽器だと思いますし、やはり愛着のある楽器はいつまでも使って居たい、と思っているでしょうから、メンテナンスを欠かさないと思いますし、故障したら修理に出すものだと思いますが(まあ、ボーカリストにとってはその喉がある意味商売道具だけど、とはいえ例えば喉にポリープができたら手術するのだから同じようなものだと思うが)、こういったことをするようではション用を無くしてしまうと思いますが。

「有名楽器店元店長、客のベースを質屋に売って逮捕 利用客には紅白出場アーティストも」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000091-it_nlab-life

なんでもこの「バディサウンドワークス」なる店はプロのミュージシャンも利用していたという話でしたから、ある意味業界でもかなり信用があった店なのではないか、と管理人は思いますが、とはいえトラブルも絶えなかったようですね。なんか他の記事を見てみると3年程前に修理に出した50万円相当のギターがいまだに返却されていなかった、という事のようですからもしかしたら勝手に質入れしてしまったのではないか、と管理人は思っていますし、返却を要求してもなかなか応じなかったところを見ると同じようなことになっていたのではないか、とも思いますが。

それにしてもこの元店長、上にも書いた通りプロのミュージシャンも利用していたほどの店だったというのになんだってまたこんなことをしたんでしょうかね? なんか金銭感覚にルーズなところがあったという話ですが、だからと言って客のギターなんかを質入れしていい、という事はありませんし、もしかしたら他にも何か目的があったのではないか、と管理人は思ってしまうのですが。なんでも昨年9月に店は閉めているという話ですし、果たして被害総額がどれだけになるのか、そして店に預けた楽器は果たして元の持ち主にところに戻ってくるのかちょっとわかりませんが、1本でも多く戻ってきてほしいですよね。

確かに一流メーカーやビンテージモノの楽器というのはそれなりに価値がある物ではありますが、ミュージシャンだって手に入れるのにそれなりの苦労はしているはずですから、やはりそういった苦労を裏切るようなことをしてはいけないですよね。


日本のヴィンテージ・ギター
グラフィック社
日本ヴィンテージ・ギター倶楽部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本のヴィンテージ・ギター の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これって信用を無くす行為では? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる