管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 選手たちも大変だ。

<<   作成日時 : 2018/02/13 19:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、日本代表が銀1・銅2と計3個のメダルを獲得した平昌五輪ですが、今回はなんかアメリカの放送時間に合わせてフィギュアスケートの競技開始時間を午前に行う、という事で以前物議を醸しだしましたが、いざ大会が始まってみるとこんな問題も起こっているようですね。

「平昌五輪、過酷な天候で混乱 選手の安全に懸念も」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-35114618-cnn-int
「“平昌突風”は「完全なる宝クジ」 転倒者続出に海外から批判続出「あまりに衝撃」」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180213-00017645-theanswer-spo

実はジャンプ競技が行われているアルペンシアジャンプ競技場は以前から昼間は風が強すぎてジャンプgファできるような状況にない、という事で決勝開始時刻を夜9時過ぎにしたり(そのため男子ノーマルヒルの終了が午前0時19分と日をまたいだそうで)、競技場周辺に防風ネットを張ったりして対策は取っているのですが、それでも風が強いという話だし、その強風のせいでスノーボードの女子スロープスタイルでは転倒者続出、アルペンスキーは日程変更を余儀なくされている、という話ですからね。いや、スケートやカーリングと言った屋内で行う競技は風は関係がないでしょうが、屋外で行う競技ではやはり風が強いというのは新しい敵を迎えるようなものですから大変なのでしょうね。
いや、聞いた話なんですが、もともと平昌というところは風が強く、開会式が行われたオリンピックスタジアムももととは「風通しがいいから」という理由で干物を作る工場があった所で、その跡地に建てられている、という話なんですよね。おまけに屋根もなかったから体感温度は相当低かったという話だし、スキーなんかの競技場は山に作られているのですからさらに低くなるのは目に見えていると思うのですが。

なんか平昌はあまり雪が降らないという事で競技場は人工雪を使っている、という話だし、オマケに強風が吹いている、という事で選手にとっては最悪のコンディションなのではないか、と思うのですが、いずれにせよそういったことを乗り越えて選手たちは最高のパフォーマンスを見せてほしいものですが、五輪の時点でこれだと来月の(同じ平昌開催の)パラリンピックはどうなるのかしら…?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
選手たちも大変だ。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる