管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS いかなる理由があろうと

<<   作成日時 : 2018/01/09 20:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カヌーと言うとあまりに日本人にはなじみのない競技だと思われますが、2016年のリオ五輪で羽根田卓也選手がカナディアンシングルで日本初の銅メダルを取ったことが話題となったのは記憶に新しいと思います。で、そのカヌーの選手間でこんなことが起こったようですね。

「カヌー五輪ライバルの飲料に薬物…レース前混入」
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20180109-OYT1T50054.html
「被害受けたカヌー選手「競技に復帰できて感謝」」
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20180109-OYT1T50055.html

普通ドーピングと言うのは選手自身が何らかの形で摂取して自身の運動能力を上げるもの、と管理人は認識しているのですが、今回のそれはライバル選手のドリンクが入ったボトルに混入させてその選手がドーピングしたように見せかける手口というのですから本当に悪質としか言いようがありませんね。
いや、2020年東京五輪まであと2年半となった今、地元開催の大会とあって何とsh知恵でも出場したい、と思う気持ちはわかるのですけれど、だからと言ってこういった不正な手段で出場権を手に入れたところで誰だって喜ばないと思いますし、何と言ってもカヌー競技だけじゃなく(今回の不正が発覚したのはカヌーのスプリントということで羽根田選手が銅メダルを獲得したスラロームとは違うらしいが、傍から見れば同じカヌーと取られると思うし)日本のスポーツ界全体に迷惑がかかる行為なのではないか、と思いますが。
なんか今回の不正が発覚した張本人の選手は他にもライバル選手の道具を盗むといったような「前科」があった、という話ですが、こういった選手は最初から競技をやってはいけなかったのではないか、と思いますね。

で、今回の問題に関してその張本人の選手は8年間の8年間の資格停止処分が下されたというそうですが、もちろんこういった処分もそうですが、必要なのは再発防止策でしょうね。ましてや五輪となると(前回の1964年東京五輪の比ではないほど)世界各地から選手たちが集まるのですから、万が一にもこういったことが起こらないようにしなければいけないですし。
いずれにせよドーピングというのは絶対にあってはならないことだと思います。


うっかりドーピング防止マニュアル 改訂版
アトラク
2017-09-26
遠藤 敦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by うっかりドーピング防止マニュアル 改訂版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いかなる理由があろうと 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる