管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 決まってよかったけれど。

<<   作成日時 : 2018/01/07 19:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年は一人もメジャーデビューを果たした日本人選手がいなかった年ですが、今年はすでに大谷翔平(日本ハム→エンゼルス)、平野佳寿(オリックス→ダイヤモンドバックス)という二人の選手がメジャーリーグとの契約を結び、メジャーのマウンドに上がることが期待されますが、もう一人ポスティングでのメジャー移籍を目指していた西武ライオンズの牧田和久投手もこの度サンディエゴ・パドレスとの2年契約を結んだようですね。

「西武・牧田、パドレスと2年約4億5千万円で合意 譲渡金は1億円以下か」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000180-dal-spo
「牧田 パドレスと2年契約!米でも貴重サブマリン、救援補強に合致」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000188-spnannex-base

サンディエゴ・パドレスというのはかつては侍ジャパンの投手コーチを務めたこともある大塚晶文氏やロッテの井口新監督も所属したことがある球団で、現在は野茂英雄、斎藤隆という元日本人メジャーリーガー二人がフロント入りしているチームという事で結構日本人とも関係のある球団のようですが(ちなみに2006年第1回WBCの決勝地もパドレスの本拠地のぺトコ・パーク)、メジャーではあまり見かけないアンダースローの投手という事やクローザーが欲しかった球団との思惑も一致したようですが、ご存知の通りメジャーリーグというのはかなり競争も厳しいですからね。確かにアンダースローというのはアドバンテージかもしれませんが、当然のことながらそれだけではだめなのですから、何かもう一つ勝負できるような球が欲しいし、球団としてもそれを期待しているとは思うのですが、いずれにせよ西武で抑えとして活躍したのですからMLBでも同じくらいの活躍を期待したいですが。

それにしても今年入団が決まった3人の投手がいずれも西地区のチームというのには驚きますね。大谷投手だけはアメリカン・リーグのエンゼルスという事で交流戦くらいでしか対決はありませんが、牧田投手と平野投手は同じナショナル・リーグのチームだし、ナ・リーグ西地区には「マエケン」こと前田健太投手がいるドジャースもありますからね。ですから今年のメジャーリーグの西地区というのは日本人対決を期待しているファンも多いのではないか、と思いますが。

いずれにせよ今年のMLBで楽しみが増えたことだけは確実ですね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
決まってよかったけれど。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる