管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 見つかればいいけれど。

<<   作成日時 : 2018/01/20 20:00   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

日本のプロ野球は2月1日のキャンプインまであと12日となりましたが、ここまで来ても前巨人の村田修一選手のように移籍先が決まらない選手がいますが、海の向こうのアメリカでもマーリンズからFAとなったイチロー選手や複数の球団が興味を示しているというダルビッシュ投手、あるいは日本球界復帰が噂される青木選手のようにまだ落ち着き先が決まらない選手もいるようですが、その中の一人、上原投手がこんな決意を固めたようですね。

「カブスFAの上原、今季限りでの引退を示唆「90%以上の確率で辞めるつもり」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00000137-sph-base

前にも書いたと思いますけれど、渡米して10年にとなる上原投手ももう42歳ですからね。いくら40代の選手が活躍しているMLBと言えどもやはりこの年齢となると主力選手として活躍するのはかなり難しいでしょうね。実際44歳のイチロー選手だって結局移籍先が決まらないもの年齢がネックになっているのではないか、と管理人は思いますが。
まあ、いずれにせよ上原投手が今季限りでの引退を示唆したとはいえ、いずれにせよ落ち着き先が決まらなければ何とも言えないのですが(苦笑)。

ただ、なんか記事によると複数のメジャー球団からオファーが来ているというのですから、(NPBの話だが)ソフトバンクを退団したものの結局オファーがないまま引退してしまった松中選手に比べればまだ望みはあるかな、という気もしますが、上原投手が「もう少しの辛抱かなと。見えてきそうで見えてこない」と言っているのを見ると(まあこれは代理人の手腕にもよるが)、条件面でなかなか交渉がまとまらないのかな、という気もするんですよね。
とはいえメジャーでは春季キャンプが始まるのは日本より2週間ほど後だし、その春季キャンプで招待選手として招かれその後メジャー契約を勝ち取る、という手段もありますから(そのためには今すぐでも投げられるくらいの状態にしておくことが必要だが)、まだそれ細慌てる必要がないのかもしれませんね。

まあ、いずれにせよ今年を野球人生最後の年、と位置付けているという事はそれ相応の覚悟を持っていることだと思いますし、やはり悔いのないラストイヤーにしたいでしょうから、イチロー選手同様早く落ち着き先が見つかってほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
見つかればいいけれど。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる