管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS どこまで本当だか知らんけど。

<<   作成日時 : 2018/01/19 19:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まず最初に言っておきますが「日付以外は信用できない」と言われているほどの(苦笑)、東スポの記事なのでどこまで本当なのかわかりませんが、こんな騒動が持ち上がったようで。

「中日・岩瀬「人的補償」拒否騒動の球界への波紋」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-00000028-tospoweb-base
「【岩瀬人的補償騒動】 巨人現場で異論噴出」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000041-tospoweb-base

日本ハムからFAで中日に移籍した大野奨太選手ですが、その際、前所属球団である日本ハムは移籍先の中日に対し(大野選手がBランクという事で)金銭補償若しくは人的補償+金銭補償を求めることができるという事になっていて、なんでも岩瀬仁紀投手兼コーチを人的補償として求めたものの本人が「人的補償なら引退する」と拒否したことで日本ハムが金銭補償に切り替えたとかいう話のようですね。

FA選手における人的補償というのは最大70名の支配下登録選手中、入団1年目の選手と外国人選手、それから「プロテクト選手」として球団として手放せない選手28名を除いた中(だから結局30名前後になると思うが)から1名を選ぶことができる、という事なのですが、それで中日がそのプロテクト選手の中から岩瀬投手を入れていなかった、という事のようですね。まあ、コーチ兼任という事にしているからまさか獲得しないだろうと思っていたのでしょうが(というかなんでプロテクトから外したのかわからんけど)、下の記事のように巨人は「まさかこの選手は獲らないだろう」と思って外した選手を人的補償で獲られたことからわかる通り、「まさか」というのはあってないものですからね。

まあ、最初にも書きましたが東スポの記事なのでどこまで信用していいかわからないし、これに関しての何らかの動きがあるかどうかわかりませんが、もしこれが本当だとしたら(ちょっと気が早いが)来シーズン以降の選手のFA移籍の制度の根幹にかかわる問題ですから、何らかの解決策が必要になってくるのではないか、と管理人は思いますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どこまで本当だか知らんけど。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる