管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たして望み通りいくか

<<   作成日時 : 2017/12/11 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日大谷翔平選手のMLB・エンゼルス入団が話題となりましたが、日本人がメジャーに挑戦するには海外FA権を取得できるまでの9年間一軍登録されるか、大谷選手のようにポスティングを利用するかのどちらかだと思うのですが、本日西武ライオンズの牧田和久投手もポスティングでのMLB移籍の申請手続きに入ったようですね。

「西武・牧田、メジャー移籍へ球団がポスティング申請」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171211-00010005-baseballc-base
「大リーグ志望の牧田、西武がポスティング申請」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/20171211-OYT1T50051.html

これから30日間譲渡金を支払う意思のあるMLB球団との交渉が可能になるわけですが、MLBでも珍しい下手投げである、という事は面白い存在だとは思いますが、ただ牧田投手の希望はメジャー契約という話でもし、これがマイナー契約だったら西武残留の方針を決めているそうですが、果たしてそれで手を挙げる球団はあるでしょうかね?

いや、大谷選手の場合は23歳という年齢ですからこれからまだまだ伸びる余地はあると思うんどエスが、牧田投手の場合は33歳という年齢ですからね。それでメジャー契約となると即戦力としての活躍が期待されることとなりますが、果たしてその望み通りに行くかという事もありますしね。例を挙げればオリックスの中島選手が西武ライオンズ時代にポスティングでアスレチックスに移籍したものの、結局1度もメジャー昇格のないまま日本に戻ってきましたし、不幸にも今年亡くなった森慎二氏のようにポスティングで移籍したもののオープン戦で3球投げただけで故障し、結局野球人生そのものが終わってしまった例もありましたからね。
まあ、調べてみるとこれまでにもポスティングで結局契約に至らず元の球団と再契約という例もありますから、牧田投手の「マイナー契約だったら西武残留」という方針も懸命だとは思うのですが、いずれにせよ本人の望み通りメジャー契約を結ぼうとする球団は現れるでしょうか?

まあ、いずれにせよ結論が出るのは年が明けてから、なんて話もあるようですが、いずれにせよこの話、もう少し事態を見守っていきたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たして望み通りいくか 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる