管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たしてプロでも活躍できるか

<<   作成日時 : 2017/10/26 19:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

という事で本日プロ野球のドラフト会議が行われ、注目の早稲田実業の清宮幸太郎選手は7球団競合の末、北海道日本ハムファイターズが、広陵の中村奨成選手は地元の広島東洋カープが交渉権を獲得し、他の球団もドラフト1位指名選手がそろいましたが。

「早実・清宮は日本ハムが交渉権獲得!高校生最多タイ7球団競合抽選引き当てた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171026-00010003-spht-base
「広陵・中村は地元広島が交渉権獲得 緒方監督「うちにぴったりの選手」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171026-00000102-dal-base

今年のドラフトは他にもオリックスが交渉権を獲得したJR東日本の田嶋大樹投手も西武と競合で、DeNAが指名した立命館大の東克樹投手のみが重複無しという結果ですから豊作という割には重複指名ばっかりだったな、という気がしますがまあそれだけどこの球団もほしい選手、という事だと思いますし、(おそらく一番入団したかったであろう)地元球団に指名された中村選手はホッとしていると思いますし、日本ハムは相変わらずのくじ運の強さを見せたな、という感じがしましたが(ただし2011年の菅野智之のように巨人入団を希望していたために結局獲得できなかった選手もいるが。くじ引きではないが去年も6位指名の山口裕次郎投手に逃げられたし)。

で、まあこれから指名あいさつや入団交渉に入ると思いますが、大谷翔平投手のメジャー行きが確実、中田翔選手がFAで移籍するのではないか、と言われている日本ハムにとっては人気実力ともに期待できる選手だと思いますが、でもやはりプロと高校は違いますからね。前述の中田選手だって、あるいはDeNAの筒香選手だって一軍定着まで3〜4年かかったのですから、果たしてそれまでの間に周囲の声に惑わされることなくしっかりと育てていくことができるか、という事になると思いますし、下手したら人気ばかりが先行して、なかなか実力が追い付かないどこかの球団のハンカチ何とかと言われた投手もいますからねえ(まあ、彼は大卒だから即戦力として期待されたのかもしれないが)。

まあ、来年日本ハムの2軍監督が同じ早実の先輩でこれまた人気先行だった荒木大輔氏(ただし荒木氏は指導者としては有能だと思うが)になるという話ですから、自分と同じ立場である清宮選手をどうやって育成するか見てみたい気もしますね。


ドラフト候補名鑑 2017 秋嵐号 2017年 10/28 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 別冊
ベースボール・マガジン社
2017-09-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドラフト候補名鑑 2017 秋嵐号 2017年 10/28 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 別冊 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たしてプロでも活躍できるか 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる