管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS どこまで本気なんだか

<<   作成日時 : 2017/03/19 20:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

という事で昨日の話の続きみたいなものですが、本日行われたWBC2次ラウンドでアメリカがドミニカ共和国に勝ち、準決勝はプエルトリコ対オランダ、日本対アメリカという組み合わせとなりました。日本とアメリカの準決勝というと2009年の大会、場所も同じドジャースタジアムで行われていて、その時は9対4で日本が勝っていますが、ただ8年前と今ではガラッと顔ぶれも変わっていますからね。1次ラウンド2次ラウンドと全勝で勝ち進んだ日本がそのままの勢いで準決勝に臨めるか、という事ですが、その侍ジャパンが日本時間のけさ早く、シカゴ・カブスと練習試合を行い、4‐6で惜しくも敗れてしまったようですね。なんかカブス側は川崎選手が出場して日本代表を足でかき回した、という話ですが、こう考えるとムネリンがWBCに出てればなあ、と思いますがそれはそうと、そのシカゴ・カブスのジョー・マドン監督がこんな提案をしたとかいう話ですね。

「WBC王者とWS王者による“世界一決定戦”を― 侍と対戦のカブス名将が提唱」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00010015-fullcount-base

確かに実現したらすごいことかもしれませんが、実際どこまで本気なんだ、という気もしますよね。
確かにWBCはもともとMLB機構が提唱して始まった大会ですけれど、例えばこれがサッカーでいう「FIFAクラブワールドカップ」のような「MLB,、NPB、KBO(韓国プロ野球)、CPBL(台湾プロ野球)の優勝チームで真の世界一決定戦」とでもいうのなら話は分かるのですが、WBCはあくまでも国別の対抗戦で、ワールドシリーズはMLBに所属するチームの優勝決定戦の筈ですよね? サッカーで言うならワールドカップ優勝国とクラブワールドカップ優勝チームが戦うようなものが真の世界一決定戦と言えるのでしょうかね?
それにWBC決勝戦後に開催、となると、例えば日本代表が出場したとなったら、今年の日程で例えるなら現地時間で3月22日にWBC決勝でNPB開幕は31日ですから、帰国後すぐチーム合流→ほとんど休む間もなくNPB開幕戦、という事になりますから選手のコンディションも問題になってくるのではないか、と思いますが。

確かに提案そのものは面白いとは思いますが、だったらもっとWBCの各国代表に選手を派遣するようにMLBやMLBPAが協力することが先ではないか、と思いますが。
WBCが真の「野球世界一決定戦」となってからこういう議論はするべきなのではないか、と思いますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どこまで本気なんだか 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる