管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 何かわからないことだらけだけれど

<<   作成日時 : 2017/01/10 20:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

講談社と言ったらいうまでもなく出版業界の大手の中の一つですが、その講談社の雑誌「モーニング」の編集次長が自分の妻を殺害した容疑で逮捕されたというニュースがあったようですね。

「講談社編集次長、妻絞殺で逮捕…容疑を否認」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170110-OYT1T50051.html
「講談社編集次長、マガジン担当「随一の編集者」=仕事に厳しく―妻殺害容疑」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000081-jij-soci

本人は否認しているのでまだこの編集次長が犯人かどうかはわかりませんが、ただ去年の11月から会社を休んでいる、とか最初は「階段から落ちた」と証言し、その後「首をつって自殺した」と証言を変えていることも気になりますしねえ。それに警察が逮捕した、というのは(事件発生から5か月たっているのだし)、やはりこの編集次長と死んだ妻の間で何らかの問題があって、十分に殺害する動機があった、と見たからとは思うのですが、ただ繰り返すようですが、本人は否認しているし、直接的な証拠があるわけでもありませんから、これからの捜査の進展具合を見てみないとわかりませんが。

まあ、それにしても下の記事によるとかなり仕事には厳しい人物だったようですが、家では妻に頭が上がらないようだったそうですから、人は見かけによらぬものと言いますが、何か仕事を巡って妻と対立でもあったのでしょうかね? いや、どんな仕事だって大変だとは思いますが、出版社となると締め切りやらなんやらに追われる毎日でしょうから、なかなか家庭を顧みること、なんてできないのかもしれませんが、だからと言って身内(この場合は妻)を殺害していい、という事にはなりませんが。

繰り返すようですが、この事件は容疑者が犯行を否定しているうえ、わからないことが多いので、まだ何とも言えませんが、ただ一つ言えることは講談社は漫画ばかりでなく、いろいろな週刊誌なども出しているのですから、今回の事は会社内部で起きたことだから、という事で変にかばったりしないで事実をありのままに公表することが(それこそ講談社全体の信用問題にもかかわることだし)大切じゃないでしょうかね?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何かわからないことだらけだけれど 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる