管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS いくら何でもやり過ぎでは?

<<   作成日時 : 2016/11/09 20:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

サッカーで提示されたら一発退場処分となるのはご存知レッドカードですが、そのレッドカードを巡ってのトラブルというのも結構出ているようですが、メキシコのサッカーのアマチュアリーグでこんな事件が起こったそうですね。

「メキシコで悲劇、レッドカードに腹を立てた選手が復讐。主審は頭突きを受け死亡」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161108-00010021-footballc-socc
「主審が退場を命じた選手に頭突きされ死亡 メキシコで報復行為による衝撃的な殺人事件が発生」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161108-00010020-soccermzw-socc

サッカーで頭突きと言ったら2006年のワールドカップドイツ大会の決勝で相手選手にぶちかまして一発退場となったジダン選手のそれを思い出す人も多いと思いますが、ジダン選手のそれは結局罰金と社会奉仕だったかなにかで済んだと思いますが、これは相手が死亡する、という事態ですからね。いや、頭部に頭突きをしたことで相手がくも膜下出血を起こしてしまった、という事のようですが、まあ確かにサッカー選手というのはヘディングをすることもありますからもしかしたら我々一般人よりは(物理的な意味で)頭が固くなっているかもしれませんが、だからと言って相手を死亡させてしまうほどの威力といったらどのくらいなんだ、という気がしてきますが。
しかもこの頭突きを食らわせた選手というのが車で逃走しよう、としていた、というのですからより一層悪質のよう気がしますね。例えばもしこれで相手の審判が倒れてしまって懸命に介抱でもしていた、とでもいうのだったらまだ情状酌量の余地もあったと思うのですが、(なぜそう考えたのかわからないが)逃げようと考えた、という事はたとえアマチュアだろうとスポーツ選手としてあるまじき行為だと思うのですが。

まあ、それにしても本人たちは真剣にプレイしていると思いますし、そういった場でこの手のいざこざが出てきてしまうのはある程度は仕方がないのかもしれませんが、それが暴力沙汰にまでなってしまい、しかも今回のように一方の当事者が死亡した、なんてなるといくら何でもやり過ぎではないか、という気がするんですよね。サッカー界に限った話ではありませんが、少なくともグラウンド内ではこういったトラブルは見たくはないものだし、こういったトラブルが起こらないように選手や周りの人物も注意してほしいと思いますが、まずはなぜ今回の事件が起こったのかを検証する必要があるかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いくら何でもやり過ぎでは? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる