管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS なかなか勝てませんねえ。

<<   作成日時 : 2016/05/15 20:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本時間のけさ行われたテニスのイタリア国際で現在世界ランク6位の錦織圭選手が世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ選手と対戦し、3時間に及ぶ熱戦の末敗れてしまい、結局決勝進出はならなかったようですね。

「わずか1ポイント差…錦織「とても残念」ジョコ「圭を称賛する」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160515-00000075-spnannex-spo
「ジョコビッチに敗れた錦織「もうちょっとかもしれない」 [ローマ/男子テニス]」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160515-00010009-tennisd-spo

正直言って管理人「なんかよく錦織って準決勝とか決勝でジョコビッチとぶつかることが多いな」と思っていたのですが、まあ、考えてみれば世界ランクも上位となるとやはりどうしても顔ぶれは限られてしまうだろうし、そうなると準決勝とか決勝も同じ顔ぶれになるのであろうことはやむを得ないことなのかもしれませんが(ちなみに錦織に勝ったジョコビッチ選手は決勝でアンディ・マレー選手と闘うそうだが、これがナント33回目の対戦)、錦織選手がなかなかいわゆる「4大メジャー大会」(ちなみに今回のイタリア国際はその4大メジャーに次ぐ大会だとか)を制覇できないのは、こういった上位陣に勝つことができないからなのか、という気がしてきますよね。

まあ、これが例えばチームプレイだとしたらもしかしたらランキング下位のチームが上位のチームを倒す、なんてこともあるかもしれませんが(まあ、例えばサッカーの場合はFIFAランク1位と6位じゃ対して実力的には変わらないと思うが)、テニスというのは個人スポーツですからね。個人技というのが大切になってくると思いますし、やはりチームスポーツと違って自分一人がミスしてもまわりがカバーする、という事も出来ませんからね。そうなるとやはり個人のスキルを上げていく、という方法しかないと思いますが、それだけ相手もスキルが上がっていくのですから、やはり世界ランク一つ上げる、というのは相当大変な事なのかもしれませんね。錦織選手自身も「もうちょっとかもしれない」と言っているようですが、その「もうちょっと」は決して容易なものではないことは錦織選手自身承知してるかもしれませんが。

まあ、いずれにせよ錦織選手が世界4大大会のどれかで優勝する姿は本当に見てみたいですね。


錦織圭 リターンゲーム: 世界に挑む9387日の軌跡
学研プラス
内田 暁

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 錦織圭 リターンゲーム: 世界に挑む9387日の軌跡 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なかなか勝てませんねえ。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる