管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS やはりまだまだ難しいのかね?

<<   作成日時 : 2016/04/11 19:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3日目を終え、首位と2打差の3位につけていた松山英樹選手が日本人として初めての制覇となるかどうか期待されていたアメリカ・ジョージア州オーガスタで開催されていたゴルフのマスターズトーナメントでしたが、結局松山選手は通算イーブンパーの7位という成績に終わり、昨年に続いてのトップ10入りは果たしたものの、結局日本人初のメジャー制覇とはならなかったようですね。

「松山は7位、メジャー初制覇ならず…マスターズ」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/golf/20160411-OYT1T50023.html

優勝したイギリスのダニー・ウィレット選手が5アンダー、2位の選手(これは二人いる)が2アンダーという事は首位と2位の差が3ストローク差でしたから、ウィレット選手はひょっとしたら17番ホールあたりで優勝を確信したのではないか、と思いますが、それはそうとやはり今年もマスターズの壁は日本人にとっては厚かったのか、という気がしてきますね。

管理人、あまりゴルフのことについては詳しくないのですが、調べてみるとこれまで日本人ゴルファーでアメリカのツアーに優勝したのが松山選手を含めて4人しかいなく(あとの3人は青木功、丸山茂樹、今田竜二の各選手)、メジャーを制覇した日本人というのは一人もいないんですね。まあ、アメリカのメジャー大会ともなればそれこそ世界中から数多くの選手がやってきますし、そのなかでもマスターズと言ったら(日本でも衛星生中継されるくらいだから)おそらく世界でもトップレベルの大会だと管理人は思うんですよ。その中で日本人が優勝する、となるとやはり4日間72ホールを平常心で戦えるような精神力はもちろんのこと、そういった世界トップレベルの選手に負けないくらいの技術を持っていないといけない、という事になるのでしょうか?
まあ、松山選手は今アメリカを活動の中心にしているようですけれど(上に書いた丸山選手だってアメリカ中心に活動していたときに優勝したんだしね)、近い将来マスターズに優勝するためには今まで以上に技術を磨く必要があるのかもしれませんが。

いずれにせよ7位という成績は立派だとは思いますが、やはりこうなると来年こそは、と思いたいですよね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やはりまだまだ難しいのかね? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる