管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜んでいいのか悪いのか

<<   作成日時 : 2016/03/19 19:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

NHKで放送されていた番組「ためしてガッテン」が4月からタイトルを「ガッテン!」に、放送時間を水曜日19時30分から20時15分にリニューアルすることになったようですが、「ガッテン」をはじめとした所謂「健康情報番組」で放送されていた食材が翌日にはスーパーの店頭から売り切れる、なんて話はよくありましたが(まあ、それが行き過ぎてかつて「発掘!あるある大事典」のデータねつ造問題が起きたが)、こういった事例は果たして喜んでいいのか悪いのかわかりませんが。

「シャラポワ使用薬の販売激増=ドーピング問題が宣伝に―ロシア」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160319-00000031-jij-int

そもそものことの発端は、と言えば女子テニス界のランク1位であるマリア・シャラポワ選手のドーピング違反が明らかになったことなのですが、そのシャラポワ選手の使用した薬、というのが「心疾患治療薬メルドニウム」とかいう事でそれがロシア国内で販売数が増えているそうで。

まあ、管理人も何度か書いたと思いますが、ドーピングというのは「え? なんでこんな薬まで禁止になっているの?」というのが多いようで、市販の風邪薬もそれこそ迂闊に飲めない、という話を聞いたことがありますが、シャラポワ選手の場合は別に故意に薬物を使っていた、というわけではないようですからね。でもドーピングの結果が陽性となったのは疑いようのない事実ですから、これは不注意と言えば不注意なのですが、「あのシャラポワが使っているのだから」という事で販売が増えているそうですが、でも薬品メーカーって「ドーピング騒ぎが、とても良い宣伝になった」とか言ってこういったことで喜んでどうするの、という気がするのもまた事実なんですよね。

確かに我々一般人にとってはドーピングなんて関係ないかもしれませんし、確かに薬の効き目はあるかもしれませんが、こういったことで有名になってしまうのは決して良いことではないような気もするんですよね。確かに今回の事は製薬会社にとってはある意味でいい宣伝になったかもしれませんが、もし今後こういったドーピング違反の選手が続出したらどうするんだ、とも思いますが。

まあ、じれにせよドーピングというのはあってはならないことであることには変わりありませんが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜んでいいのか悪いのか 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる