管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS そんな年齢にも広がってるのかね?

<<   作成日時 : 2015/11/11 19:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一昔前は大麻や覚せい剤というのはそう簡単に手に入らないもの、という認識が強かったと思うのですが、最近は簡単に手に入るようになっているのかどうかわかりませんが(まあ、大麻というのは自然に生えているものだしね。さすがに栽培は禁止しているが自然に生えているものまでは手の入れようがないし)、京都でこんな事件があったようですね。

「小6「大麻吸った」…17歳兄、所持容疑で逮捕」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151111-OYT1T50116.html
「京都市の小6男児「大麻吸った」 学校教員にたばこ注意され告白」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151110-00000170-sph-soci

そもそも小学6年生がタバコを吸う事自体あり得ないのですが、大麻まで吸っていて、しかもその大麻が兄の部屋から発見された、という事なんですからね。いったいどうやってこの高校生の兄が大麻草を手に入れたのか、背後に何か暴力団とかの関係とあるのか、と言ったことがわからないのでまだ何とも言えないのですが、この小学6年生もなんで兄の持っている葉っぱが大麻だと知っていて、しかも吸引の仕方まで知っていたのか、という気にもなってきますが、まあそれは管理人の知る由もない家庭の事情というものかもしれませんが。

まあ、それにしても小学生にまで大麻が広まっているとはねえ。なんでも2010年には兵庫県内で女子中学生が大麻を所持していた、という事で逮捕される、という事件があったそうだし、先日も(管理人もブログに書きましたが)元チェッカーズのリーダーでミュージシャンの武内享の息子二人(うち一人は高校生)が大麻所持で逮捕された、というニュースがありましたが、そんなに簡単に手に入るのか、という事とそこまで低年齢層に大麻がいきわたっているのか、という事で二重の驚きがありますよね。

なんでも18歳以下に選挙権の年齢が引き下げられたことで高校でも選挙に関しての教育が行われるとかなんとか言う話を聞きましたが、もちろん政治に関心を持ってもらうことも重要ですが。これからは学校で覚せい剤や大麻、危険ドラッグに対する教育も徹底してしなければならないような気がしますし、そういう世の中になってしまったのか、と思うとぞっとしますね。


魔の薬(クスリ)―それでも覚醒剤をやりますか?
あうん
北芝 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔の薬(クスリ)―それでも覚醒剤をやりますか? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そんな年齢にも広がってるのかね? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる