管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS なんでこう学校で多いんだろうね

<<   作成日時 : 2015/10/02 21:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本ではまず考えられないことですが、アメリカではそれこそ毎年銃の乱射事件があちこちで起こっていますが、日本時間の今日もアメリカのオレゴン州でこんな事件が起きたようですね。

「米西部の大学で銃乱射、10人死亡・7人負傷」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20151002-OYT1T50007.html
「米乱射、生徒らに宗教尋ねてから発砲…CNN」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20151002-OYT1T50089.html

子に事件の容疑者の26歳の男がなんでも警察官との銃撃戦の末に射殺された、という事なので、犯行の詳しい動機などは結局わからずじまいという事になってしまいますが、なんでも事件発生時にこの男が生徒たちに進行している宗教を聞いてから発砲した、という事らしいんですよね。となると例えばこの容疑者がイスラム教の信者でほかの宗教の信仰者を狙った、とかあるいは(仏教でもいろいろな宗派があるように)同じキリスト教でもいくつかの宗派がありますからね。そういったものの対立がこういった事件を招いたのか、という事になりますが、上に書いた通り、容疑者が死亡してしまったのでこれ以上はわからないのが(正直言って管理人、宗教の対立という事自体があまりピンと来ないのだが)、残念な部分ではありますが。

それにしてもこういった事件が続発しているのに相変わらず動きが鈍い全米ライフル協会ですが、それはそうと管理人いつも思うのはこういった事件が学校で起こることが多いのはどうしてだ、という気にもなってきますね。
ちょっと調べればアメリカの学校で銃乱射事件が発生した、なんてのは何件も出てくると思うのですが、やはり人が多く集まっているところや、そういった場所で自分たちより力が弱い立場の人間が集まっている(今回の事件も日本でいう短大で起こったし)場所、という事で学校が選ばれる、という事になるのでしょうか?
今から14年前の2001年に大阪の小学校で無差別殺傷事件が起こって以来、日本の学校は例えば正門を閉じるといった対策を施していますが、アメリカの学校はどうなっているのか知りませんがこういった事件が起こるようではもっと対策を立てるべきではないか、と管理人は思いますが。
いずれにせよオバマ大統領の言葉ではありませんが、アメリカの国民というのはこういった事件に対して神経がマヒしてしまっているのかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんでこう学校で多いんだろうね 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる