管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS はたして大丈夫なのだろうか?

<<   作成日時 : 2015/09/06 18:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「【MLB】青木、脳震とう訴え先発外れる 今季絶望の可能性も」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150906-00000210-ism-base

メジャーリーグ、サンフランシスコ・ジャイアンツの青木選手が1か月近く戦列を離れる原因となった試合中にデッドボールを受けたのが6月20日。その時は右足の骨折で、もし死球がなければオールスターゲームにも出場できたのではないか、と言われていたのですが結局それで出場をふいにしてしまったし、それの影響があったのかどうかわかりませんが、オールスター後もわずか26試合の出場にとどまっていて、しかも先月9日の試合で今度は頭部に死球を受け(というか2回も選手生命にかかわるような個所に死球を受けるとはどういうことだ?)、20日に復帰したものの、結局また欠場、という事になってしまったのですから、もしかしたら周りが見ている以上に症状は深刻なのかもしれませんし、本当一度精密検査を受けた方がいいのではないか、と思うのは管理人だけでしょうか?

まあ、デッドボールというのはいくらヘルメットをかぶっていると言ってもあれだけ固い硬球が140〜150kmの速度で(まあ、バッターの前では少し速度は落ちるとはいえ)飛んでくるのですから、当たった時の衝撃は相当なものだと思いますし、結局それで引退をせざるを得なくなってしまった選手もいますからね。
ましてや青木選手が受けたのは頭部でしょ? そう考えると7日間ではなくもっと長く故障者リストに入れてもよかったのではないか、という気もするし、3日後に本人が脳震とうの症状を訴えた時ではなく。頭部に死球を受けた時点でもっと検査をした方が(もちろんしたかもしれないが、その時は試合出場にOKを出したということか?)、ひょっとしたらこのようなことにはならなかったのではないか、と思いますが。
ましてや青木選手はやはりジャイアンツにとって重要な戦力であることは間違いがないと思いますし、ジャイアンツは今ナショナル・リーグ西地区の2位という事でワイルドカード争いで大事な局面だと思いますが、だからと言ってここで無理をさせたら元も子もありませんからね。今季絶望という結果が出たとしてもやはり今後のことを考えるとしっかりと治して来シーズンに向けた方が得策の様な気がしますが。

それにしてもなんか今年のシーズンは(まだ終わってはいないが)、ダルビッシュ投手と言い青木選手と言い思った活躍ができていないな、という気がしますね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はたして大丈夫なのだろうか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる