管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 有料にしたら来るのかね?

<<   作成日時 : 2015/09/03 20:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

動画サイトというのはYouTubeやニコニコ動画のように基本無料で見られる(まあ、どちらも代金を支払う事で全部見ることができる有料サービスの動画もあるが)サイトとアダルト動画サイトのように会員登録をして毎月利用料金を払う事で見ることができるサイトがありますが(そのためか最近はクレジットガードが必要なサイトもあるが)、YouTubeに関してこんなデマが飛び交ったそうで。

「「YouTubeが有料化する」うわさ広がる Googleが事実でないと否定 誤報がきっかけ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150903-00000074-it_nlab-sci
「「YouTube有料化」説が広がる 実際は「YouTubeが有料会員サービスの導入を検討」なので注意」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150903-00000052-zdn_n-sci

真相はYouTubeがいわゆる有料動画とは別に有料の会員サービス(ニコ動でいうところの「プレミアム会員」とか「チャンネル会員」みたいなものか)を提供する、という話なのですが、いったいどこから「YouTubeが有料化する、という話になったんでしょうかね? まあ、伝言ゲームというのは得てしてそういうところがあるのが世の常なのですが。

ただ、思うんですけれど、もし仮にYouTubeが有料制になったらどのくらい会員が来るのか、という気もしますが。
だって正直言ってニコ動とか中国のYoukuは世界的に見ればまだまだ局地的なサイト(確かにニコ動は台湾なんかのユーザーもいるが)の様な気がしますが、YouTubeやデイリーモーションなんてのは世界的な利用者が多いサイトですからね。確かに世界中で有料化を始めれば会員数も多いでしょうから、逆を言えばそれだけ世界中のユーザーが離れてしまう、という事にもなりかねませんからね。ですからそっちのリスクを考えるととても怖くて有料化なんて踏み来れないんじゃないか、という気もしますが。

まあ、今回の件はあくまでも噂だし、実際の話を聞けば「別に金払ってまで音楽は聞きたくはない」とか「確かに広告は邪魔だけど無料で動画が見られるんだからいいか」と思う人も多いでしょうから、有料会員サービスの導入というのは善し悪しがあるのかもしれませんね。


YouTube 成功の実践法則53
ソーテック社
木村 博史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by YouTube 成功の実践法則53 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
有料にしたら来るのかね? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる