管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 本当に大丈夫なのかねえ。

<<   作成日時 : 2015/06/23 20:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年12月、クロマグロが大量死し、わずか1匹のみが残る、という事態にまで発展した葛西臨海水族園ですが、このたび高知県から持ってきたマグロを77匹投入し、同水族園の目玉とでもいうべきクロマグロの群泳が復活に向けて動き出したようですが…

「葛西臨海水族園クロマグロ復活に歓声」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150622-00000236-sph-soci
「葛西臨海水族園にマグロ復活!77匹投入、衝突防止テープも」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150623-00000036-spnannex-soci

そもそも肝心のマグロの大量死の原因が何だったのか、ちょっと管理人はわからないのですが、死んだマグロの大半が水族園のアクリルガラスに激突した跡があったということで衝突防止テープを這って衝突が起こらないように予防線を張ったそうですが、ただその激突の原因が何だったのか、というのがなんだかはっきりしない気がするんですよね。今回の群泳を復活させる前に5月からカツオなどを入れてマグロを飼育できるか調査し、水質や飼育環境に問題はない、という結果が出たそうですが、だとしたら別の原因があったのではないか、と思うのですが…。

それに何でもさっそく1匹のマグロが死んだとかいう話ですからね。いや、その死んだマグロというのが水族園に投入する前からなんか体が弱っていた、という話を聞きますが、だとしたら高知から水族園に運んでくるまでの間や水族園に放流する前に何かあったのではないか、と管理人は思いますし、もしこれでまた大量死、なんてことになったらそれこそ数か月間水族園を休業してでも原因の究明を行うことが必要になってくるのではないか、と思いますが。

もちろん今度こそ大量死が起こらないようになってほしい、と思いますが、こう考えると魚だって動物なのだから、動物を飼う、というのは難しいことなんだな、と思いますし、やはり一度こういったことが起こったらしっかりと原因を究明してほしいな、と思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本当に大丈夫なのかねえ。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる