管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たして復活なるか?

<<   作成日時 : 2015/02/10 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今から25年ほど前、F1界を席巻したマシンといえばマクラーレン・ホンダですが、今年のシリーズからそのマクラーレン・ホンダが復活する、という話は以前聞いたことのある人も多いと思いますが、この度そのニューマシンが発表されたようですね。

「「常勝復活」目指し高揚=マクラーレン・ホンダ―F1」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150210-00000090-jij-spo
「【ホンダ F1】マクラーレン デニスCEO「80年代のパートナーシップを再現」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150210-00000061-rps-moto

管理人、マクラーレン・ホンダというと赤と白のツートンカラーの所謂「マールボロ・カラー」のイメージがあるのですが、今はマクラーレンとマールボロ社のスポンサー契約が切れていることや(最近はフェラーリとスポンサー契約を結んでいたけれど、今はどうなんだろう?)、F1ではタバコの広告が禁止されていることもあってマールボロをイメージさせるあのカラーが使えませんから、どうも今のマクラーレンの定番カラーであるシルバー(まあ、これだってもともとは新しいスポンサー契約を結んだタバコの色だったけれど)にホンダのあのエンブレムがイマイチまだなじめませんが、それはそうと1988年から92年は、というと間違いなくF1はホンダの天下でしたからね。嶋もマクラーレンと組む、ということでかつての活躍を期待している人も多いかもしれませんが、今のF1はレッドブルが一番強いですしね。それに当時と今ではF1のレギュレーションは「これが同じカテゴリーのモータースポーツか」と思うくらい相当違うと思いますし、何よりも2001年から2008年の時には結局1勝しかできなかったところを考えても果たしてかつてのようにうまくいくのかいな、という気もしますが。
とはいえ、ホンダだって勝算が全くない、というわけではないでしょうし、それどころか今のF1でも十分縫表彰台や年間チャンピオンを狙える、と踏んだからこそ4度目のF1参入を決めたんだし、そしてそのパートナーとしてかつて組んだことのあるマクラーレンを選んだのだと思いますが。

いずれにせよ3月から始まる新シーズンに向けてホンダも準備は進めていると思いますし、再びホンダがF1回を席巻するのか、気になる話ではありますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たして復活なるか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる