管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS まだ根に持っているのか。

<<   作成日時 : 2015/02/14 20:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フィギュアスケートのシーズンもそろそろ終盤戦に入ろうとしていて、今韓国のソウルで四大陸選手権がおこなっわれていますが、こんなことが起こっているようですね。

「四大陸選手権 韓国の観客がソチのキム・ヨナの判定に抗議、提訴呼びかける小冊子配布」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150214-00000021-dal-spo

ソチ五輪からもう1年近く過ぎようとしているのにいまだに騒いでいるのにはホトホトあきれますね。
あの件についてはキム・ヨナ本人が「結果を受け入れる」と言っているんだし、一度ISU(国際スケート連盟)に異議を申し立てているのに却下されているというのにねえ。なんでも「2017年2月までにスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴することができる」とかいう小冊子を配ったとかいう話ですけれど、どう考えたってCASが裁定をひっくり返すとは思えないのですが。

そうでなくとも韓国ってなんでこう国際大会というと問題ばっか起こすのか、という気がしますよね。
古くは今から27年前のソウルオリンピックのボクシングでの審判に対する暴行から起こった乱闘があったし、2002年のワールドカップでも韓国寄りの不可解な判定が多かった、という話ですし、最近だと昨年の仁川アジア大会でも数多くの問題が噴出し、地球の裏側のアメリカでも話題になって「不正するなよ」という意味の「Don't Korea」なんて言葉が作られたくらいですからね。

そりゃ自分の国の国民がスポーツ大会で優勝すると嬉しいのはどこの国の国民も一緒だと思うのですが、韓国というのは「自分たちが一番じゃなければいけないし、自分たちが一番になれなかったのは相手が不正をしたからだ」という考えしか持っていないのではないか、と思うんですよ。全部が全部とは言いませんけれど、世界のスポーツ界で韓国の評判が悪いのは世界中の関係者が「韓国はフェアプレーというのを知らない」と思われているからではないか、と思いますが。

2018年の平昌五輪ばかり注目されていますが、これから2019年までに韓国は数多くの世界的なスポーツイベントを控えていますが、このままでは韓国ではやりたくない、と思う選手が増えるのではないか、と思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まだ根に持っているのか。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる