管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 確かに違和感がなくはないんだが。

<<   作成日時 : 2015/01/30 20:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2大会連続の優勝が期待されながら準々決勝でUAEに日本代表がPK戦で敗れる、という波乱が起きた今年のアジアカップですが、その決勝戦が韓国対オーストラリアという組み合わせとなりましたが、そのオーストラリアに対してAFC(アジアサッカー連盟)の中からこんな動きがあるようですね。

「AFC加盟国の反乱、「オーストラリアよ出ていけ」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150130-00000039-jij_afp-socc

もともとオーストラリアはオセアニアサッカー連盟に所属していたのですが、ワールドカップの参加国枠が0.5(つまりプレーオフで他の大陸とのプレーオフ進出国に勝たないと出場できない)ということや毎回のようにオーストラリアかニュージーランドが出場、という状況があったからか2006年からはAFCに転籍して、以後の2大会(2010年南アフリカ、2014年ブラジル)にはアジア代表として出場しているのですが、そのオーストラリアをAFCから外そうという動きが中東諸国からあるようですね。

いや、前にも管理人は言ったと思うのですが50数か国・地域が予選に出る割にはアジアに与えられている枠が4.5というのは少ないのではないか(ちなみに同じくらいの参加国数であるヨーロッパが13〜14。10か国しか出ない南米は4〜5。ちなみにアジアは減らされる、という話もあるようだけど、管理人は逆にヨーロッパと南米を1枠減らし、それをアジアとアフリカに1枠ずつ回せ、と思ってる)、と思っているのですがそれはそうと中東にとっては何でオセアニアのオーストラリアがアジアなのか、と思っているのかもしれませんね。でもだからと言ってまたオセアニアに戻したとしたら結局はオーストラリアとNZのどちらかがプレーオフ、なんてことになると思いますしだったら「1枠増やす」(つまり4.5を5.5にする)という条件でオセアニアとアジアを一緒にする、とか、あるいはインドから東とパキスタンから西に分けてそれぞれアジア代表を2か国ずつ、そして最終予選3位がプレーオフを行って勝ったほうが大陸間プレーオフに出場、と言った方法を考えてもいいのではないか、と思いますが。

いずれにせよ、こういった問題はそう簡単には解決しませんし、もしオーストラリアを外したら2018年ロシア大会の予選組み合わせも最初から考え直さなければいけないと思いますから、いろいろと難しい問題ではないか、と思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
確かに違和感がなくはないんだが。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる