管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 3年後が楽しみな選手ですね。

<<   作成日時 : 2015/01/22 19:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スノーボードの競技としては昨年のソチ五輪で初めて行われた、ということでスロープスタイル(斜面を滑り降りながらジャンプ台やレールを滑って難易度を競う)そのという競技はハーフパイプやパラレル大回転といった競技と比べるとイマイチなじみがないと思いますが、そのスロープスタイルの世界選手権で日本人の女子高生が最年少優勝を成し遂げたそうですね。

「女子スロープスタイルで16歳鬼塚が最年少優勝=スノボで日本選手2人目」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150121-00000139-jij-spo
「史上最年少V!16歳鬼塚、3年後の「五輪でいい成績を」/スノボ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150122-00000011-sanspo-spo

スノーボードが冬季五輪の競技として採用されたのが確か1998年の長野五輪でしたからまだまだ競技としては歴史が浅いと思いますし、そういったこともあってか知りませんが昨年のソチ五輪のハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢選手が当時15歳、同じく銅メダルの平岡卓選手が当時18歳、と結構若い選手が活躍している印象があるのですがが(まあ、パラレル大回転で銀メダルを獲得した竹内智香選手が当時30歳だったが)、それにしても16歳というのもねえ。

いや、スノーボードのような競技は所謂「天才少年・天才少女」なんてのが現れるとそれこそ子供の内から専属契約をして10代前半からプロのスノーボーダーとして世界各地を転戦する、なんてことがある、という話を管理人は聞いたことがあるのですが、今回の鬼塚選手もそういった選手のようですが、いずれにせよこういった若い選手が出てくるのはいいことなのではありますが。

で、鬼塚選手は3年後の平昌五輪を早くも目標にしているようですが。今の時期はまだまだ世界選手権のシリーズの途中ですし、逆にいうとまだ3年先の話ですからね。昨年のソチ五輪は自信の負傷などもあって出場できなかったようですから、何があるかわかりませんし、周りもあまりちやほやしないで、3年後に向けて見守っていってほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3年後が楽しみな選手ですね。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる