管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS なんか急な話のような。

<<   作成日時 : 2014/10/14 19:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここ数日プロ野球ファンの間で話題となっていたのは何といっても楽天の大久保博元2軍監督の1軍監督就任だったと思いますが、きょう正式に1軍の監督就任が決定したようですね。とはいえ、それに対するファンの反発というのがものすごいようで、西武ライオンズのコーチ時代に問題起こしてることを知っている管理人も、本当に監督任せて大丈夫なのか、という気もするんですよね。なんでも不仲説がささやかれている嶋選手がFA宣言して他球団に行くのではないか、なんて言われているようですが、まあ、これに関してはもう少し様子を見なければいけないのではないか、と思いますが、今日はその話題ではなくて、ソフトバンクの秋山幸二監督が突然の辞任を表明したことについて。

「ソフトバンクの秋山監督が辞任=「6年目、一つの区切り」=プロ野球」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00000084-jij-spo
「ソフトバンク、秋山監督後任探しに着手…古田氏、工藤氏ら浮上」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00000085-spnannex-base

2009年の王貞治監督(現・会長)の後を継いで監督となって6年の間に今年を含めて3回リーグ優勝(ちなみにAクラスが5回)、2011年にはソフトバンクを8年ぶりの日本一に導く、など監督としての実績もなかなかだとは思うのですが、ただ今年のリーグ優勝時も終盤に入って大失速し、144試合目でオリックスを劇的なサヨナラ勝ちで振り切っての優勝(ちなみに1度もマジックが点灯しないで優勝)、とかなり苦戦したということが本人にとって痛かった、ということになるのでしょうか?
球団は早速後任探しに着手した、ということですが、OBでもある工藤氏は一時DeNA監督就任がうわさされていたし(結局フロントの条件面で折り合いがつかず、中畑監督になったが)、古田氏は楽天の監督候補に一人だった、という話ですから、恐らくどちらかが就任してもおかしくはないと思いますが、ほかの候補者も含めて少なくとも楽天のようなドタバタ劇だけは避けてほしいな、という気がしますが(おい!)。

まあ、いずれにせよ明日からクライマックスシリーズのファイナルステージが始まりますし(つまり今日勝ったほうはそのまま福岡に異動)、果たして秋山監督がどれだけ最後の指揮を執ることができるかわかりませんが、悔いのないようにしてほしいですね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんか急な話のような。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる