管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS さっそくで大丈夫なのだろうか?

<<   作成日時 : 2014/09/15 19:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

プロ野球も9月に入っていよいよ終盤戦となりましたが、この時期になると引退を表明する選手も多いようで、ロッテの里崎選手や日本ハムの稲葉選手がすでに今シーズンでの引退を表明していますが、その稲葉選手が小久保裕紀監督率いる野球日本代表「侍JAPAN」のコーチに就任することになったようですね。

「稲葉、日米野球のコーチに=プロ野球」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140915-00000019-jij-spo
「【日本ハム】稲葉、侍ジャパン入閣!打撃コーチで引退後初仕事」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140914-00000322-sph-base

今年の11月に8年ぶりに日米野球が開かれる、ということですでに出場する選手が6名(巨人・坂本、楽天・嶋、オリックス・糸井&金子千尋、広島・前田、日本ハム・中田)決まっていますが(ちなみに管理人の予想では巨人・菅野、広島・大瀬良、日本ハム・大谷あたりも選ばれると思うが)、小久保監督以外のコーチ陣というのは稲葉選手が初めてだったんですよね。
まあ、昨年の台湾遠征の際に現役選手ながらコーチを務めた経験があるそうですが、小久保監督の時も思いましたがいきなり日本代表のコーチなんかやらせて大丈夫なのかな、という気もするんですよね。
確かに日本代表の当座の目的は「2017年WBCにおいての世界一奪還」ですから小久保監督にせよ稲葉コーチにせよ長期的視野に立って(ちょうどサッカーのワールドカップを目標に代表監督を選ぶように)することは正しいとは思うのですが、逆にいうと経験も浅いですからね。それが逆に欠点にならないかな、という気もしないでもないのですが。

まあ、小久保監督も2年目ですし、コーチとしての初仕事、ということもあって気合の入れからも違うと思いますが、今年の日米野球や来年のプレミア12、あるいは17年WBC、野球&ソフトが復活すれば2020年東京五輪、とこれから世界を相手にした日本代表の戦いは続いていくのですから、小久保監督や稲葉コーチには日本野球の意地というものを見せてほしいな、という気がします。
いずれにせよ、今年の11月に日米野球を楽しみにしたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さっそくで大丈夫なのだろうか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる