管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS お疲れ様でした。

<<   作成日時 : 2014/08/31 19:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一昨日のブログで書いた軟式野球全国高校選手権・準決勝の中京対崇徳は結局翌30日の試合でも15回までやって決着がつかず延長45回まで0対0のまま、ついにというかとうとうというか今日までもつれ込み、今日の試合で9回(つまり延長54回)までやって同点の場合は抽選で決勝進出校を決定、というところまでなりましたが、延長50回に中京が3点を入れて3−0で決着がつき、その勢いを維持したまま、同じ日に行われた決勝も2−0で勝って長かった熱戦に優勝という最高の形で締めくくったようですね。

「延長50回で決着…中京が崇徳下す、両投手完投」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/yakyu/20140831-OYT1T50032.html
「「50回準決勝」制した中京優勝…高校軟式野球」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/yakyu/20140831-OYT1T50060.html

それにしても足かけ4日、延長50回という5試合分+5回という試合を戦いぬいた両校ももちろんのこと4日関連等で50回を投げぬいた両投手もすごいというかなんというか…。まあ、軟式と硬式という違いがありますから一概に比較はできませんが、これが硬式だったら(延長15回再試合制だからこんな試合はあり得ないが)、おそらくベンチ入りの18人全員が出場し、投げる投手がいなくなったので代わりに野手が投げる、というMLBみたいなことが起こっていた、という気もしますね。

それにその50回を戦い抜いた後、決勝に進出した中京も2試合目(まあ、5イニングで決着がついたけれど)だというのに準決勝で勝った勢いそのままに決勝戦も勝ったのですからねえ。まあ、相手校は結局3日間試合がなかった、ということかもしれませんが、こういった場合は待ったほうと試合を終えたばかりのほうではどちらが有利なのでしょうかね?

それにしても今回の大会で軟式野球の全国大会もあるんだ、と知った人も多いと思いますが(逆にいうとこれだけの試合がなかったらこれだけの注目は浴びなかったかもしれないが)、硬式野球のように軟式の全国高校選手権もこれから全国的に盛り上がっていってほしいですね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お疲れ様でした。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる