管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS あまり無理はしないでほしいですが。

<<   作成日時 : 2014/04/04 20:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「歌丸師匠が入院…「笑点」復帰は回復を待って スタッフが明かす」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140404-00000033-flix-movi
「桂歌丸 肺疾患と肋骨骨折で入院 「笑点」収録も欠席」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140404-00000094-spnannex-ent

なんか歌丸師匠が先代(つまり5代目)の故・三遊亭圓楽師匠から「笑点」の司会を引き継いでからというもの、毎年のように入院しただの急病だので収録を欠席した、というニュースをよく聞くような気もしますが(ちなみに確か「笑点」は2週間ごとの2本まとめ撮りだから4月いっぱいは代役が司会をすることになるようだが)、考えてみたら歌丸師匠ももう77歳ですからね(「笑点」は40数年やってるから30代のころから出演し続けていることになるが)。逆に言うとそろそろ後任の司会者を考えてもいいころではないか、と思える気もするのですが。

まあ、それはそうと歌丸師匠が肺に病気を持っている、という話は管理人も聞いたことがありますが(事実、これまでもそれが原因で収録を欠席したことがあるし)、肋骨骨折の原因が咳き込んだのが原因という事のようですが、そんなことで簡単に骨折してしまうのか、というのにも驚きましたが、まあ77歳となると骨そのものも弱くなってきていますからね。そういえば以前、管理人が介護補助の仕事をしていたころには(相手が認知症患者ということもありましたが)、とにかく高齢者ばかりですから、そういった人たちの扱いには注意してくれ、と言われた覚えがありましたし(歩ける人はとにかく歩けない人は結構扱いが大変なのよ)、時々介護施設で職員が入所者に暴行した、なんて事件が発覚した際に職員が「転んで骨折した」といった虚偽報告をする、なんて例もあることですしね。となると当然のことながら、それだけ治るのも遅くなってしまうということですから、たかが咳、とは言っていられないいかもしれませんが。

歌丸師匠は「笑点」の司会者のほかにも落語芸術協会の会長という役職も持っていますから、そっちのほうの仕事もあっていろいろと大変だと思いますし、おそらくこういった形でスケジュールに穴を開けてしまい周りに迷惑をかけてしまう、というのもおそらく本人にとっても一番嫌なことだとは思いますが、無理をして出て行ったところで何の得にもなりませんからね。それに高齢ということもあってあまり体に無理はかけないでほしいと思いますから、今はとにかく治療に専念して体をしっかりと直してから復帰してほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あまり無理はしないでほしいですが。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる