管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 無事開催されたようだけれど。

<<   作成日時 : 2014/04/22 18:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ボストンマラソンといえば100年以上の伝統を持っていて日本でもよく知られているマラソン大会で、昨年4月にそのボストンマラソンのゴール近くで爆弾が爆発する、というテロ事件がありましたが、正直言ってもうあれから1年たったのか、という気がしましたが、そんな中今年も大会が開催されたようですね。

「テロから1年、ボストン・マラソン 男子は米国人選手が優勝」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140422-35046881-cnn-int
「「ボストンは強い」、爆破事件から1年のマラソン大会に3万6000人」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140422-00000027-reut-n_ame

まあ、まず管理人が驚いたのが、昨年あんな出来事があったというのに参加者が昨年より9000人も増えた、ということでして。日本でもし同様な事件が起きたとしたら、少なくとも翌年の大会は開催を中止するか、やるとしてもぐっと規模を縮小してやるものだと思うのですが、まあ、考えてみればたとえば湾岸戦争の時や9.11の同時多発テロの後のアメリカを見ると分かる通り、何か国家を揺るがすような一大事があったとしたら国民が一致団結するところがありますからね。この団結力が良くも悪くもアメリカを象徴しているな、という気もしますが。

もちろん今年の大会は昨年みたいなことがあってはならない、ということでかなり警戒態勢を敷いたということですし、その警戒の中でやる大会というのもいようといえば異様なのですが、最近はオリンピックやワールドカップのような最大級のスポーツイベントでも厳重な警戒態勢を敷くのが当たり前になっていますからね。かくいう日本も明日から3日間オバマ大統領が訪日する、ということで東京では厳重な警戒態勢(駅のコインロッカーが離日する25日まで使用禁止になっている、という話もあるし)が敷かれているというし、スポーツで見ても毎年2月には東京マラソンが、そして6年後には東京オリンピック・パラリンピックもありますから、今以上に厳重な警戒態勢(しかも開催期間を考えると約2か月)を敷かなければいけない部分がありますからね。

いずれにせよボストンマラソンのテロ事件は本当に悲劇だったとしか言いようがありませんし、これからもああいったような出来事が起こらないように、そしてこれからもボストンマラソンが歴史を紡いでいける大会になってほしいですね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無事開催されたようだけれど。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる