管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS これからも続くだろうけれど。

<<   作成日時 : 2013/10/15 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本テレビ系で放送されている「それいけ!アンパンマン」というアニメは実は昭和最後の年、つまり1988年から放送されていて、今年で放送25年目という長寿アニメで、おそらく幼稚園に見た覚えがある、という人も多いと思いますが、その原作者であるやなせたかし氏が亡くなられたそうですね。

「マンガ家・やなせたかしさん逝去」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131015-00000032-rbb-ent
「「アンパンマン」戸田恵子ショック やなせ氏死去「悲しすぎて…」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131015-00000105-spnannex-ent

実はやなせ氏というのは多芸な方でして、アンパンマンを書かれる前には三越の包装紙や紙袋のデザインをしていた、という話を聞いたことがありますし、「手のひらを太陽に」という歌の作詞家としても知られている方なのですが(事実アンパンマンでも「それいけ!アンパンマン てのひらを太陽に」というタイトルの映画が公開されたことがある)、アンパンマンを書き始めたのが1973年というのですから、アンパンマンがマンガでのデビューから40年、上にも書いた通りアニメが25年という人気作品になったのですから生みの親としてはこれだけ愛されるキャラクターになったことは喜ばしいことだったでしょうね。

それにしても94歳というのは(漫画家として考えても)相当なご高齢だったと思うのですが、それでも仕事への情熱は失わずに、亡くなる直前までテレビアニメや11月に出版される予定の書籍に関していろいろと指示を出していたというのですから本人にとってもアンパンマンが人生の一部になっていたのかもしれませんね。
アンパンマンを放送している日本テレビは今のところ追悼特番の放送などは未定ということですが(来年夏の劇場版の制作は既に決まっているようだが)、「サザエさん」「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」といった人気アニメが作者がなくなったのちも制作が続いていることを考えると、これからもおそらくアンパンマンという作品自体は制作され続けると思いますが、やなせ氏が遺したモノは決して小さくはないのですから、その遺志を受け継いでしっかりと作品を作っていってほしいと思います。

これからもアンパンマンというのは子供たちに愛され続けていくキャラクターなのですから。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これからも続くだろうけれど。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる