管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS はたして買う企業はあるのかな?

<<   作成日時 : 2013/09/21 19:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、任天堂前社長の山内溥(ひろし)前社長が亡くなったというニュースは皆さんもご存じだとは思いますが(そういえば「いわっち」こと岩田聡社長になってから今年で12年なんだな)、やはり任天堂を日本どころか世界の一大企業にした手腕は評価するべきだと思いますし、管理人もスーファミからWii Uにいたるまでお世話になっていますから(笑)、一ユーザーとしてご冥福を祈りたいと思いますが、その任天堂(正確にはNOA = Nintendo of
America)がオーナー企業となっているメジャーリーグ、シアトル・マリナーズにこんな話が出てきているようですね。

「山内氏悼み喪章=米大リーグ・マリナーズ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130921-00000039-jij-spo
「任天堂アメリカ 山内溥前社長死去でマリナーズ株売却も」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130921-00000061-spnannex-base

日本でも同じ京都に本社がある、ということからかスポンサーになっているJリーグ(J2)の京都サンガも明日の試合で喪章をつけて試合に臨むという話だそうですが、実はNOAがマリナーズの親会社になったのはイチロー選手どころか野茂投手がMLB挑戦を表明する前の1992年からなんですよね(ちなみに野茂投手は入団はしなかったがMLB挑戦表明後、最初の渡米の際にマリナーズと入団交渉をしたことがある)。もちろんNOAが将来日本人選手が多く所属するであろうことを見越してマリナーズを買収した、というわけではないでしょうが、イチロー選手が入団したばかりの頃のマリナーズは地区優勝をするくらい強かったのですが、最近はチームそのものが低迷していますからね。もちろんオーナー企業である任天堂が悪い、というわけではないとは思うのですが、やはりイチロー選手がメジャーデビューしたばかりのころと比べると任天堂(NOA)だって決して順調といえる経営状態ではないと思いますし、やはり球団運営というのは日本だろうがアメリカだろうが金がかかるものですからね。これから売却するとなると(MLBではオーナー企業が変わることは珍しいことではない)、その相手を探すことになると思いますが、果たして買ってくれる企業があるかどうか…

まあ、いずれにせよ、任天堂にとってもマリナーズにとっても来年は再スタートのつもりでそれぞれが挑んでほしいと思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はたして買う企業はあるのかな? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる