管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 49代表が出そろう

<<   作成日時 : 2013/08/01 20:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで来週の木曜日(8日)から甲子園球場で行われる夏の全国高校野球は昨日で全49代表が出そろいました。

「【高校野球】夏の甲子園2013、出場校49代表出揃う」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130801-00000004-resemom-life
「大阪桐蔭が松井知事訪問「夏連覇目指す」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130801-00000025-nksports-base

今年プロも注目している松井裕樹投手のいる神奈川の桐光学園が県予選の準々決勝で敗れるという出来事はありましたが(ちなみに神奈川代表は横浜高校)、そのほかは昨年藤浪晋太郎投手(現・阪神)を擁して春夏連覇を成し遂げた大阪の大阪桐蔭や今年の春のセンバツの優勝校である埼玉の浦和学院、準優勝校で5試合で722球というとんでもない球数を投げ話題となった安楽投手(まだ2年生なんですね。ということは来年のドラフトの目玉)のいる済美など順当に勝ち進んだ強豪校もまた甲子園に戻ってきます。

今年の夏の大会からベスト4が出そろった時点、つまり準決勝の前の日に1日休養日が設けられるということなので(ただしスケジュールがこれ以上順延できない、というところまで来たら休養日はなしのようだが)、選抜の時の安楽投手のようなすさまじい連投というのはなくなることが予想されますが、逆に言うとそれを見越した戦略と言うのも必要になってくると思うんですよね。それに昨年の藤浪投手を見ても分かる通り今の高校野球というのも結局は投手力がモノを言いますし(そう考えれば安楽投手のあの連投も納得がいく…かもしれないが)、一発勝負のトーナメントというと強豪校があっさりと一回戦で敗れたり、初出場校が勝ち進んでいく、というのもまたよくある話なんですよね(まあ、それが高校野球の醍醐味でもあるのだが)。

大阪桐蔭の史上7校めの夏連覇がなるのか、はたまた浦学の史上8校めの春夏連覇か、はたまたまったくノーマークだった初出場校が初出場初優勝という記録を成し遂げるのかいろいろと話題も尽きませんが、果たして8日からどんなドラマが待っているのか、管理人も注目していきたいと思います。


高校野球は頭脳が9割
東邦出版
後原 富

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 高校野球は頭脳が9割 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
49代表が出そろう 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる