管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 最終決戦に向けて。

<<   作成日時 : 2013/03/17 19:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで一足先に日本とオランダが準決勝進出が決まっていた第3回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)は、残る2枠がドミニカ共和国とプエルトリコと決まり、日本代表「侍ジャパン」は明日決勝進出をかけ、プエルトリコと戦うことが決まりました。

「ドミニカ共和国、プエルトリコ破り1位通過」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/wbc/2013/news/20130317-OYT1T00159.htm
「日本、WBC準決勝の相手はプエルトリコ」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/wbc/2013/news/20130317-OYT1T00158.htm

で、準決勝はどうなるか、と行く前に今回「3度目の正直」とばかりに過去最高の選手をそろえた、と言われたアメリカが「2度あることは3度ある」とばかりに決勝に出られないという結果となってしまいましたが、MLB機構が開催している割にはMLBの選手会や球団そのものが大会よりもシーズンの方を優先的に考えている限り、これからも同じような結果になってしまうのではないか、と管理人は思うんですよね。2017年大会を開催するのならば、それこそ選手会と球団は大会運営に全面協力して「自分の球団に所属する選手をできる限りWBCに出場させる」「シーズンの開幕を2週間程度遅らせ、シーズンに支障がないように日程を調整する」といったような工夫を本気で考えるべきではないか、と管理人は思うのですが。

で、話を準決勝にしますが、確かに日本は2次ラウンドでオランダに2度勝ってますが、それ以外のドミニカ共和国とプエルトリコはこれまで1度も戦ったことがありませんからね。それにドミニカ共和国は2006年の第1回大会でベスト4に残っていますからこういったトーナメント戦の戦い方、というのは知っていると思いますし、何よりもここまで全勝で進んでいますからね。そしてプエルトリコはアメリカに勝って準決勝進出を決めていますから、正直言ってどちらと対戦することになったとしても厳しい戦いになるのではないか、と管理人は思うのですが。

まあ、いずれにせよまずは明日のプエルトリコ戦に勝って3回連続の決勝戦に出ることを目標にしてほしいし、そうすれば日本代表も「3連覇」の文字が近づいてくると思います。
WBCもいよいよクライマックス。ここまで来るとどこが優勝してもおかしくないと思いますが、侍ジャパンには普段通りの力を出してほしいと思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最終決戦に向けて。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる