管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS ある意味いい引き際だったのかも。

<<   作成日時 : 2012/12/28 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

かつて夏の甲子園で「5打席連続敬遠」で話題となり、その後1993年にドラフト1位で巨人に入団し、2002年から渡米してヤンキース他4球団を渡り歩いた松井秀喜選手が引退を表明しました。

「松井秀喜が引退会見「結果出ない、命がけでも」」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20121228-OYT1T00192.htm
「「ヒデキは成功者だ」トーリ元ヤンキース監督」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20121228-OYT1T00778.htm
「松井を「殿堂入りの力量」…大リーグ公式サイト」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20121228-OYT1T00727.htm

巨人で4番として活躍し、MLBでもクリーンアップを務め、2009年には日本人初のワールドシリーズMVPに輝くという勲章を持っている松井選手ですがここ数年はひざの故障に悩まされ、今年一度はタンパベイ・レイズでMLB昇格を果たしたものの結局満足のいくバッティングができなかったということから今回引退を決断したようですがただそのバッティングには本場のメジャーリーガーやファンももうなされたかヤンキース時代の監督であるトーリ監督(2013年WBCアメリカ代表監督)をはじめチームメイトやファンからも引退を惜しむ声が多いようですね。

最近西岡選手や福留選手といった選手がMLBで思ったように活躍できず日本球界に復帰していますが、管理人が記憶しているのではメジャーリーガーとして引退したのは長谷川投手、野茂投手位ですけれど、やはり松井選手も最後までMLBにこだわり続けた結果かもしれませんし、やはり38歳という年齢を考えるとある意味ではいい引き際だったのかもしれませんが…(イチロー選手だってあと2〜3年したら引退する可能性だってあるしね)。

これから松井選手がもう2〜3年アメリカにいて外からMLBを勉強するか、あるいは帰国して(なんでも子供が出来たとかいう話だしね)解説者などの仕事をするのかちょっとわかりませんけれど、いずれは日本プロ野球とMLBで活躍した実績を引っ提げて指導者としてまた球界に戻ってきてほしい、と思っているファンも多いと思いますし、ある意味でこれから新しい野球人生が始まるのですから、これからも松井選手には野球界の発展に尽力してほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ある意味いい引き際だったのかも。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる