管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS どちらかが辞めるとは思っていたけれど。

<<   作成日時 : 2012/10/24 19:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今週土曜日から始まるプロ野球日本シリーズはリーグ優勝チーム同士の巨人対日本ハム、という3年ぶりのカードとなりましたが、その巨人とクライマックスシリーズ・ファイナルステージで対戦し、開幕から3連勝で王手をかけながらその後3連敗して結局逆転優勝(CSはリーグ優勝チームに1勝アドバンテージ。よって巨人の4勝3敗で勝ち)を許してしまった中日ドラゴンズですが、こんなことになったようですね。

「中日 権藤コーチ退団「複雑な気持ちだ」高木監督と対立もしばしば」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121024-00000077-spnannex-base
「なぜ1年で権藤コーチ退団 中日球団代表「高木監督の意向もある」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121024-00000079-spnannex-base

権藤投手コーチは横浜(現在のDeNA)監督時代だった1998年にベイスターズを38年ぶりの日本一に導いたくらいの手腕を持っていますから指導者としては優秀なのかもしれませんが、ただシーズン途中から高木守道監督との投手起用をめぐって確執が起きていて、テレビ中継の際にはベンチで口論になる場面がしばしば放送されたといいますからね。
投手起用に関しては監督には監督なりの考えがあるだろうし、コーチにはコーチなりの考えがあってその時のベストと思われる選択をするのは当然なんですが、もしかしたら高木監督は権藤コーチのことを信頼していなかった部分があったのでしょうか? いや、これが去年まで指揮を執っていた落合博満前監督の場合は(本人が「自分は投手に関しては素人」と言っていたこともあってか)森繁和コーチに全権委任をさせていたそうですけれど、それも信頼関係があったからこういうことができたのかもしれませんね。やはり野球というのはチームスポーツなのですからこういったように監督とコーチの間でもめ事があったらまとまるチームもまとまらないのではないか、という気もしますが。

実際「今年は落合の遺産で2位になれたけれど、来年はどうなるかわからない」という意見もありますし、来年に向けてのチーム作りは始まっていると思いますが、もし来年成績が悪かったら今度は高木監督の責任問題になることだけは間違いがないでしょうね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どちらかが辞めるとは思っていたけれど。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる