管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 思っている以上に大変なんだけどね。

<<   作成日時 : 2012/08/10 20:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タレントのダンカンと言ったらタレント業のほかにも師匠格のビートたけし(というか「北野武監督」といったほうがいいか?)を真似てか映画の監督をしたり、自身が阪神ファンということもあってか、そっちのほうでのコラムを書いたり、といろいろと活躍されていますが、最近こんなことをしたようで…

「ダンカン、介護の資格取得!特別養護老人ホームでの実習などを含む3か月で」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120810-00000014-flix-movi

いや、結構芸能人の中には結構何らかの資格を持っている人もいて、中には「売れなかった頃に持っていた資格の仕事で食っていた」なんて人もいるようですが、今回彼が取った資格というのはどうやら「ホームヘルパー2級」のようですね(ちなみに「介護福祉士」という資格があるが、それはヘルパー2級を取得の上、一定期間の実務経験がないととれない)。
前にも書いたことがあると思いますが、実は管理人短い期間でしたが、老人介護施設(しかも認知症患者)での介護補助をやっていたことがあって、ヘルパー2級の資格の取得を検討したことがあったのですが、後述の理由と資格所得の教材に10万円かかる、ということもあって「とてもじゃないがそんなに金がない」ということで断念したことがあったんですよね。
ダンカンが今回資格取得をした動機というのは「介護にちなんだ小説を書くにあたって介護の「か」の字くらい知らないと失礼」というのが主な動機だったというのですがわずかながらとはいえ、経験した身として言わせてもらうと介護というのは思っている以上に大変なんですよね。

先ほど管理人がヘルパー2級取得を断念した理由というのが、介護の手伝いをやってて「どうやらオレは介護の仕事に向いていないな」と思ったということなんですが、介護というのは興味本位でやってはいけない、ということなんですよ。人の役に立つためにどれだけ「自分」を抑えて他人の役に立てるかが大切なんですよね。もちろん中にはある日突然自分の身内の介護をしなければならなくなった、という人もいると思うのですが、そういう人たちっていうのは自分のやりたいことができずに介護に追われる毎日を過ごしていると思いますし、また苦労しているんですよね。

ダンカンのブログでは「自分を見失うような状況にいたとしたら、介護の勉強をしてみては?」と書いていますが、だからと言って軽い気持ちでやっては場合によっては大火傷をする、ということも申し添えておきたいと思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
思っている以上に大変なんだけどね。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる