管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 今までが順調すぎたのかも。

<<   作成日時 : 2012/07/30 19:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「日ハム・斎藤佑、中日・平田らが抹消=30日のプロ野球公示」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120730-00000023-spnavi-base
「4回途中6失点…斎藤、2軍落ち「不振」理由では初」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120730-00000021-spnannex-base

高校時代から何かと注目されていて、今年のシーズン開幕戦で開幕投手を務めたり、先日のオールスターゲーム第1戦で先発投手を務めたりした日本ハムの斎藤佑樹投手ですが、ここの所勝ち星に恵まれず2軍落ちとなってしまったそうで。
去年も入団後、わき腹を負傷して治療のために2軍落ちしていたことがあったそうですが、成績不振で2軍落ちする、というのは自身にとっても初めての経験だそうですが、考えてみれば今までが順調すぎたのかもしれませんね。

まあ、斎藤投手は甲子園の優勝投手だし、早稲田大学でも主将を務め、ドラフトでは4球団競合の末日本ハムに1位指名で入団したのですから実力そのものはあると思うんですよ。でも考えてみたら大卒や社会人を経由してプロ入りした選手に求められるのは即戦力だし、そういった選手は1年目から結果を出さなければいけないとおも思うんですよ。とはいえ高卒だろうが大卒だろうがプロの世界に入ればスタートラインは一緒のはずだし、少なくとも半年はペナントレースを戦い抜くのですから、それだけに耐えられる体力はもちろんのこと、精神力や気力もなければプロでは通用しないような気がするんですよね。斎藤投手本人は「調子はずっと悪くないのに点を取られてしまう」とか言っているそうですけれど、もしかしたら精神力や気力がまだまだプロレベルではない、ということなのかもしれませんね。
まあ、いずれにせよ1度2軍に落ちてみる、というのも本人のためにもなると思うし、球団も2週間程度で上げよう、なんてことを考えずに、それこそシーズン終盤になろうと「1軍でも大丈夫」という周囲が認めて初めて1軍登録、ということを考えてほしいですね。

最後に1番目の記事に書かれていた同じく2軍落ちしたDeNAの筒香選手について。
管理人、ニコ生でDeNAの試合もたまに見ますけれど、何であれだけ不調の選手を中畑監督はスタメン(しかも中村紀洋、ラミレスに続いての5番)で使い続けたんですかね?




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今までが順調すぎたのかも。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる