管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS やはり経験がものを言うのかね?

<<   作成日時 : 2012/06/08 20:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本プロ野球の交流戦も後半戦に入り、そろそろ交流戦の優勝はどこか、巨人やロッテといった交流戦が好調な球団がペナントレース再開後もこの好調を維持できるのか、といったことが気になる人も多いと思いますが、その間でも助っ人を獲得する球団もあるようで…

「DeNA、元楽天のルイーズ獲得」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20120608-OYT1T00955.htm

確か先日も西武ライオンズが元ソフトバンクのホセ・オーティズ選手を獲得したし、その前は2010年に巨人でプレーしていたエドガー・ゴンザレス選手が(巨人の助っ人では初めてとなる)巨人復帰を果たしましたが、なんだか最近はこういった「別の球団にいた外国人選手が3Aチームで野球をやっていたら日本球界からお呼びがかかって復帰する」ということが多いような気がしますね。

まあ、ある意味助っ人外国人の獲得はギャンブルみたいなところがありますからね。ついこの間、1試合64球投げただけで帰国してツイッターで「帰国できて最高!」とかなんとか抜かした元ソフトバンクの外国人投手がいましたが、そういう選手というのは心のどこかで日本プロ野球をなめているのかもしれませんね。
確かに、今の時期はメジャーリーグも開幕から2か月たって戦力が固定されて、とてもじゃないが日本球界の誘いに乗るどころじゃない、ということもあるだろうし、そうなると3Aあたりの選手で日本野球の経験者を獲得したほうが手っ取り早い、ということもあるだろうし、もしかしたら本人も「できることならもう一度日本で活躍したい」と思っていることもあるでしょうが。そうなるとやはり日本のプロ野球を知っている経験者に手が伸びる、というのは当然のことなのかもしれませんが。

とはいえ、もといたチームに戻るのならとにかく、リーグが同じだったらとにかく、違うリーグに移籍したらその経験も全く役に立たなくなってしまうのも一緒ですからね。せっかく日本球界に復帰したのですから「自分の経験をもう一度生かしてチームの勝利に貢献したい」と思ってほしいですし、それだけの期待を球団が持っていることを念頭にプレイをしてほしいですね。


プロ野球スピリッツ2012
コナミデジタルエンタテインメント
2012-03-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プロ野球スピリッツ2012 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やはり経験がものを言うのかね? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる