管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 渡辺監督の強運には笑うしかない。

<<   作成日時 : 2010/10/28 20:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

という事で本日行われたプロ野球ドラフト会議は早稲田大学の大石達也投手が6球団競合の末埼玉西武ライオンズが、同じく早大の斎藤佑樹投手は4球団競合の末北海道日本ハムファイターズが交渉権を獲得し、中央大学の澤村拓一投手を巨人、佛教大学の大野雄大投手を中日が単独指名、という結果になりました。
(ちなみに東海大相模の一二三投手は阪神が2位指名で、早稲田大学からはもう一人福井優也投手が(外れ1位とはいえ)広島から1位指名を受けている)

「中日は大野、楽天は塩見…ドラフト1位一覧」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20101028-OYT1T00870.htm
「早大・大石は西武が交渉権…最多6球団が指名」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20101028-OYT1T00816.htm
「斎藤佑樹、日本ハムが交渉権」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20101028-OYT1T00819.htm

まあ何と言ったって管理人が驚いたのが2年連続で当たりクジを引いた西武の渡辺監督でして。ここまで来るともう笑うしかないくらいですよね。
それと斎藤投手を指名した日本ハムは、と言えば今や球界を代表するダルビッシュ投手がいますからね。とりあえず来シーズンは日本ハム残留を発表していますから、ダルビッシュ投手からいろいろと教わることも多いかもしれませんね。
それから巨人の澤村投手ですが、今回の単独指名は本人が巨人を希望していたこともあったことと、大石投手や斎藤投手もいた、という事もあって(去年の長野選手のように)他球団が指名を避けた部分があったのかもしれませんが、ただ本人が熱望してその夢をかなえることができたのですから、やはり投手不足に悩む巨人で活躍できるようにこれからも精進していかなければいけないでしょうね。

勿論今回のドラフト指名を受けた選手たちはようやくプロとしての第一歩を踏み出したにすぎないのですから、これから5年先、10年先を見た場合活躍できるかどうかはあくまでも本人の努力次第ですからね。上にあげた3人の他にもドラフトで指名された選手たちが一人でも多くプロ野球の世界で活躍できるようになって欲しいと思います。


ドラフト物語
廣済堂出版
小関 順二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドラフト物語 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【ドラフト】王子はハム、大石は西武、阪神は榎田&一二三!
球団別指名選手一覧 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の弐
2010/10/30 22:25
2010ドラフト会議
更新遅れました ...続きを見る
ともみの言いたい放題♪
2010/10/31 17:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
渡辺監督の強運には笑うしかない。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる