管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たしてどこへ行くやら。

<<   作成日時 : 2010/05/20 19:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

MLB・エンゼルスで開幕から活躍していた松井秀喜選手ですが、ここに来て突然ブレーキがかかったようで、何でも今日まで3試合連続ノーヒットだそうですが、もうひとりの「松井」つまり「リトル・マツイ」ことアストロズの松井稼頭央選手がこんなことになったようで…

「不振の松井稼頭央、アストロズ退団へ」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20100520-OYT1T00587.htm

今シーズンの松井稼頭央選手は今日までで27試合で打率1割4分1厘と大不振に陥ってしまったようですし、メジャーというのは日本以上に競争がシビアな世界ですから、この成績では戦力外通告も仕方ないかな、という気もしますが、どうも個人的には松井稼頭央選手はメジャーじゃ好調が長続きしないな、という印象があるんですよね。
というのももともとは2004年に渡米して最初に入ったのがニューヨーク・メッツでデビュー戦でいきなりホームランを打つ、という華々しいデビューを成し遂げたのですが、どうもその後が長続きしないで、その後でロッキーズ→アストロズと大体2年おきでチームを渡り歩いていますからねえ(ちなみにアストロズでは今年が3年目)。日本では西武ライオンズという日本でもトップクラスの球団でレギュラーとして活躍した選手でもMLBではその程度の選手ならゴロゴロいる、ということなのかもしれませんね。

管理人、前々から日本のプロ野球選手の中には(日本とアメリカの野球レベル云々は別として)日本野球向きの選手とMLB向きの選手があると思っているのですが(もちろん逆にMLBにも日本野球向きの選手とそうでない選手がいると思うし)、こう考えてみると松井稼頭央選手は日本野球向きの選手だったと言えるのかもしれませんね。まあ、それでもメジャーで7シーズンいたんですから、そう断定するのは早計、という人もいるかもしれませんが。

まあ、とにかく今は自分を受け入れてくれる他のMLB球団を探すか、あるいは(今の時点ではちょっと無理かもしれないが)日本復帰を考えるか、はたまた思い切って台湾や韓国プロの野球に活躍の場を求めるのかわかりませんが、とにかく松井稼頭央選手にとって納得できるような結果になって欲しいと思いますし、これだけ日本人MLB選手がいるとなると必ずしも松井稼頭央選手の例は特殊な例ではない、ということを他の日本人選手も思って活躍して欲しいと思います。


メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2010
廣済堂出版
友成 那智

ユーザレビュー:
この本絶対欲しいこの ...
ロイヤルズ……スコッ ...
いっそのことリーグ別 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たしてどこへ行くやら。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる