管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS なんだか最近多いような…

<<   作成日時 : 2009/12/21 20:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先ごろシアトル・マリナーズを対談した城島選手が阪神タイガースに入団し日本球界復帰を果たしましたが、昨年広島からFA宣言して渡米し、40歳でメジャーリーグのマウンドに立った高橋建投手がこのたび2年ぶりに広島に復帰することが決定しました。

「前メッツの左腕・高橋建、広島に復帰」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20091221-OYT1T01064.htm

広島は先日、家族の健康問題をを理由にチーム最多の11勝を挙げたルイス投手が突然退団して、急遽投手の獲得の必要に迫られましたが、結局メッツを自由契約になった高橋投手の復帰、ということになったようですね。
個人的には28試合登板で0勝1敗の防御率2・96というのは決して悪くはない成績だとは思うのですが、やはり年齢がネックになったんでしょうか?

それにしても最近、自分の力がどれほどのものか試すために渡米する選手が多くなりましたが、その分帰国する選手も(当たり前だが)増えてきているような気がしますよね。まあ、日本プロ野球経由でメジャーに挑戦となるとFA取得を待つか、あるいはポスティングで移籍するか、ということになるので渡米した頃には全盛期を過ぎている、ということも多いでしょうが(高卒でFAになって渡米したとしても27〜28歳になっているし)。
それに管理人が思うに、やはり選手の中には「日本野球に向いているタイプ」と「メジャーでも十分通用するタイプ」がいると思うんですよね。日本でエースとして活躍した上原投手や川上投手が今年メジャーに挑戦しましたが、成績そのものがパッとしなかったのを見ると(まあ、日米間の野球に対するギャップもあったかもしれないが)、やはり二人とも日本野球向けの選手だったのかな、という気がするんですよね。
自分の実力がどれほどのものか試したくて渡米する、というのは誰にも止められるものではないと思うのですが、一度渡米したからには1〜2年で帰ってくるようなことをしないで、それこそ2Aや3Aでプレイしてメジャー昇格を目指すくらいの気持ちでプレイして欲しい、という気もしますよね。
確かにWBCに2連覇したり、と日本の野球のレベルというのは昔と比べると格段に上がっているとは思うのですが、現状に満足して欲しくはないと思いますので。


メジャーリーグとても信じられない話
文藝春秋
ロバート・ホワイティング

ユーザレビュー:
誤記が多い。初めのう ...
あの選手の以外な性格 ...
古き良き物書き ロバ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんだか最近多いような… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる