管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 一体計画はどうなるのでしょうか?

<<   作成日時 : 2009/11/25 20:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

「旧広島市民球場の解体、宙に浮く…跡地計画反対で」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20091124-OYT1T00611.htm

今年からプロ野球・広島東洋カープが本拠地をMAZDA Zoom-Zoomスタジアムに移したことで、これまで本拠地として使われていた旧広島市民球場(現在の市民球場は前述のマツダスタジアム)が解体されることになっていましたが、その後の跡地利用計画に対して市民から反対運動が起こっているとかで解体に着手できない、と言う話だそうですね。

管理人も旧広島市民球場の跡地利用に関しては広島市のHPなどで拝見したことがありますが、考えてみれば旧広島市民球場というのは50年以上の歴史があった球場ですからね。中には市民球場を改装してサッカー場(サンフレッチェ広島のホームスタジアムにするかどうかは知らないが)にしよう、と言うプランを出した市民団体もあったんですよね。
まあ、旧市民球場は近くに平和祈念公園や原爆ドームもあることでそういった折鶴ホールなどを作ろう、と言う気持ちもわからなくはないのですが、もう少し検討スしてもよかったのかもしれませんね。ましてやマツダスタジアムの建設計画が挙がったのが4年前と言う話なんですから4年もあれば十分に検討する時間もあったのではないか、という気もしますが。

話が少々飛びますが、今日会社更生法の適用を申請した穴吹工務店(そういえばここも去年までオリックス・バファローズのスポンサーだった)も業績悪化に伴う経営再建策で社長と他の取締役が対立するなど相当混乱があったようですが、会社にせよこういった、開発計画にせよとにかくは意見の一致を見なければいけないでしょうし、意見が一致しないままで計画を進めたところで上手くいかないのは目に見えていると思うんですよね。
そうでなくてもこの景気が悪いご時勢、旧市民球場の管理費も5000万〜6000万掛かるそうですから、決して馬鹿にできない金額になってしまいますよね。
いずれにせよ残された時間はわずかしかないのですからしっかりと議論を重ねて欲しいし、市民団体も陳情ばかりではなく、「自分たちが考えた跡地利用計画」というのを提出するくらいのことをしなければいけないのではないか、と思うのは管理人だけでしょうか?

まあ、いずれにせよ一日も早い解決を望みたいですね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
穴吹ミサワホーム 会社更生法
新会社更生法の基本構造と平成16年改正商品価格:2,940円レビュー平均:0.0 会社再生法と会社更生法の違い会社再生法と会社更生法の違い会社再生法は債務が0になりそこから立て直す。会社更生法は債権者との協議である一定額まで債務を減らしてもらいそこから立て直す。このような認識でよかったでしょうか?[⇒回答を読む] ...続きを見る
やさしい経済ニュース
2009/11/26 20:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一体計画はどうなるのでしょうか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる