あっという間に終わった気が

新型コロナの影響で世界各国のプロ野球の開幕が遅れましたが、その中でも特に開幕が日本時間で7月24日と大幅に遅れたMLBがレギュラーシーズンを終え、今月30日からポストシーズンが始まることになりましたが。

「【MLB】アストロズ&ブルワースが史上初負け越しでPO進出 コロナ禍で異例づくしの結末」
https://news.yahoo.co.jp/articles/31f991acf439b5676f5313578284f97d9376e498
「MLBはポストシーズンに突入、出場チーム&スケジュール」
https://news.yahoo.co.jp/articles/6c0461530b1c0a79f9a2dd36b7834a676a074d09?page=1

なんでもアストロズとブルワーズが初めてレギュラーシーズン負け越しで出場することが決まったそうですが、まあそりゃそうでしょうね、という気もしますが。
なんせレギュラーシーズンは60試合と短いうえ(そのうえ対戦は同地区内のチーム限定、ダブルヘッダーも行い、その時は7イニングで終了)、今年はポストシーズンの出場チームが従来の10チームから16チームに拡大されているのですから(これが来年以降も続くかどうかわからないけれど)、全30チーム中半分以上のチームが出場権を得たことになるんですからね。
NPBだってクライマックスシリーズがセ・パ両リーグ3位まで出場権獲得という事で常に「勝率5割以下のチームがCSに出場するのはどうなのか」という議論が毎年のようにありますが(まあ、今年はセはCSなし、パは1位と2位で4戦3勝制(リーグ優勝チームにアドバンテージ1勝)のファイナルステージのみなので「勝率5割以下チーム」の出場の可能性は少ないが)、もしこれでアストロズやブルワーズがワールドシリーズに出場したらどうなるのかな、という気がしますが。

まあ、この件に関しては今後も議論が続くことになると思いますが、今年は例年と違って優勝の為には最低13試合、最高だと22試合の長丁場となりますし、記事によるとディビジョンシリーズ以降はサンディエゴ、ロサンゼルス、アーリントン、ヒューストンでの集中開催のようですね(因みにワールドシリーズが開催されるグローブライフ・フィールドを本拠地としているレンジャーズは出場しない)。
果たしてそれが選手たちにどのような影響を与えるかまだ分かりませんが、日本人選手が所属しているチームもいくつか出場することが決まっているので、ファンとしてはそれも楽しみの一つだと思います。
いずれにせよ一足早く始まるMLBのポストシーズンにも注目したいですね。

【PS4】MLB® The Show™ 20(英語版)【早期購入特典】ゴールドチョイスパック×1(封入)
【PS4】MLB® The Show™ 20(英語版)【早期購入特典】ゴールドチョイスパック×1(封入)

"あっという間に終わった気が" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。