色々と意見はあると思うけどさあ…

新型コロナの影響で製作が遅れている、という事で「シン・ウルトラマン」の公開が延期となってしまいましたが、その後に2023年公開予定の「シン・仮面ライダー」(念のために言っておくが以前Vシネマとして発売された「真・仮面ライダー 序章」とは違う作品)の監督が決定している、と今でも忙しい日々を送っているであろう庵野秀明氏ですが、その庵野氏が監督をして大ヒットしている劇場用作品「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に関してこんなことが起こっているようで。

「「シン・エヴァンゲリオン劇場版」名誉毀損へ損害賠償&通報を検討」
https://news.yahoo.co.jp/articles/3f3ff995dba19f783558bee6312c471fc47e91e3
「『シン・エヴァンゲリオン劇場版』制作関係者に対する誹謗中傷・脅迫行為に声明」
https://news.yahoo.co.jp/articles/8a46e181fd98282cca172911ee5834c0160c7fd0

いや、管理人は「エヴァ」を観たことがない、と最初に断ったうえでの一般的な感想になると思いますが、管理人が聞いた話ですが「ガンダム」シリーズの富野由悠季総監督は一番最初の「エヴァ」のTVシリーズ(と言うことは1995年ごろか?)をやっていた頃に1度見て「あんなの作品じゃない」と言って「エヴァ」を嫌っている、という事らしいんですよね(だからと言って庵野氏が嫌いになった、とかそういったことはないとは思うが)。こういったように一つの作品に関していろいろと感想を持つ人はいると思うんですよね。ましてや今回の作品はすべてのシリーズの真の完結編、とでもいうべき話らしいですからね。
それで期待通りの終わり方だった、という人もいるだろうし、「何だこれは?」と思った人もいるかもしれませんが、だからと言って制作関係者に対する誹謗中傷は違うんじゃないか、という気がするんですよね。ちょうど東京五輪を巡って池江選手になんやかんや言った連中がいたそうですが、それだって管理人から言わせれば立派な誹謗中傷や脅迫行為だと思うし、今回のようにもし法的措置を取る、と言われたら絶対に言い逃れはできないのではないか、と思うのですが。

でまあ「エヴァ」というか庵野氏に話は戻りますが、まあ確かに庵野氏が今まで作った作品のは良しあしがあると思うし、いろいろと感想を持っている人もいるのも確かだと思うのですが結局それって結果的には自分の好みに合わなかった、という事になるんじゃないか、という気もするのですが。
まあ、こういった不満はツイッターなりブログなりで吐露すればいいのであって、脅迫まがいの行為は絶対にするべきではないでしょうね。

シン エヴァンゲリオン劇場版 リミテッドプレミアムフィギュア“アヤナミレイ(仮称)”
シン エヴァンゲリオン劇場版 リミテッドプレミアムフィギュア“アヤナミレイ(仮称)”

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント