1年延期がよかったのかね?

新型コロナの感染拡大が心配される中、東京五輪の聖火リレーが行われ、そろそろ代表選考会も行われる頃だと思いますが、まあ、いろいろと意見はあるでしょうが、管理人の考えははっきり言って「東京五輪は開催するべき」ですからね。
ただでさえ開催を1年延期しているし、それこそ今から開催を順送りする(つまり東京を2024年に、パリを2028年に、LAを2032年に)というのだったら別ですが、大体日本ではJリーグやプロ野球が、アメリカではMLBが、といったように世界各地でスポーツイベントが行われている(6月にはサッカーのEURO=欧州選手権が始まる予定だし)というのに、なんで五輪だけ中止しろ、と言っているのかがはっきり言って理解できないし、他にもいろいろと言いたいことがあるのですが、昨年体操の内村選手が言ったように「できない、ではなくどうすればできるか考えてほしい」ですね。
それはさておき、この選手はもしかしたら1年延期したことがよかったのでは、と思える話で。

「池江璃花子が東京五輪決めた!白血病発覚から786日…メドレーリレー代表切符に涙」
https://news.yahoo.co.jp/articles/8126c574e69ac0aa5b8735c87ba773942b8282ec
「北島康介さん 池江の“奇跡の東京五輪内定”に「多くの人が感動したレース」」
https://news.yahoo.co.jp/articles/2de7d72d31a33a35f39a1b29750d93cfbbf20ea8

東京五輪での活躍が期待されていた池江選手が白血病と診断され、療養生活に入ったのが2019年2月(退院したのが2019年12月)。この時点ではまだ東京五輪の延期が決まっていなかったこともあって、流石に五輪には間に合わないだろうという事で涙を呑んで東京五輪は断念し、2024年のパリを目指す、と語っていたのですが、その東京五輪が2020年3月に1年延期が決定し(ちなみにYouTubeにUPされている「⼀年後へ。⼀歩進む。〜+1(プラスワン)メッセージ〜 TOKYO2020」に彼女が出演している)、本人も2020年8月に競技に復帰したこともあって、わずかながら可能性が見えてきたのも事実ですからね。で、競技会に復帰して8か月でここまで来たのですからやはり水泳の実力はかなりのものがあったと思いますし、本人も一度はあきらめた夢がかなったのですから驚いているのではないか、という気もしますが。こう考えると本当にスポーツというのは何が起こるか分からないものですね。

まあ、代表に決まったとは言え、本人の目標はあくまでもパリだという話ですが、ここまで来たんだから他にもエントリーしている競技でも活躍して代表権をつかんでほしいと思いますし、流行り五輪本番でも活躍を期待したいと思いますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント