ちょっと時間が開きすぎな気が…

2010年に発足した日本女子プロ野球リーグが2019年以降退団者が相次ぎ(なんでも今現在で残った選手が3名だとかいう話だし)、今年は公式戦を行わない、という発表がありましたが、まあ女子プロ野球に関しては正直言ってその運営のやり方のまずさもあってこんな事態になったのではないか、と管理人は思いますが、とはいえ、女子の硬式野球部がある高校が2010年の時点でわずか5校だったというのが現在では40校以上に増えた、という功績は見逃せないと思います。
で、その女子の硬式野球の全国大会も勿論毎年開かれていて、今年で25回目を迎えることになるそうですが、そんな中こんな決定が下されたようですね。

「甲子園で史上初の女子高校野球選手権決勝…今夏ついに実現、男子の休養日開催有力」
https://news.yahoo.co.jp/articles/46342c7dfd95f54de91194758999aeedb1054cbb
「女子高校野球の決勝も“憧れの甲子園”で8・22開催 「新たな1ページ開かれる」」
https://news.yahoo.co.jp/articles/ee7093f64cb57de64f5371071fb3b813d3bf12d8

今年の8月に開催される第103回全国高校野球選手権大会が3日間休養日を設定したことで、その休養日に女子の決勝戦を行う、という事のようですが、なんでも今年は阪神甲子園球場が特別協力として参加したことで実現したそうですが、まあ甲子園を本拠地としている阪神タイガースが今年から「阪神タイガースWomen」という女子硬式野球のクラブチーム(プロのチームではない。これは2020年に同じNPB球団が作った西武ライオンズ・レディースも同じ)を作りましたからね。それもあって甲子園球場を決勝地に、という事にしたのかもしれませんが、ただ一つだけ管理人が気になることがあって。
というのも女子の大会は開幕が7月24日で8月1日の準決勝までは甲子園と同じ兵庫県のつかさグループいちじま球場やブルーベリースタジアムで開催し、3週間後の8月22日に甲子園球場で決勝、というスケジュールはいくら何でも時間が開きすぎていないか、という事なんですよね。
まあ、今年はすでに日程が決まっていて、その後に甲子園での開催が決定、という事になったと管理人は想像しますから、こういった日程になったとは思うのですが、もし来年以降も甲子園球場で決勝、という事になったら(少なくとも決勝の前日か前々日に準決勝を行う、と言ったような)日程の調整も必要になってくるのではないか、と思いますが。

まあ、今回の大会に関しては史上初のことなんだから、折角なので女子野球をアピールするためにもNHKでもテレビ朝日(と言うか関西圏の朝日放送)でもいいから地上波で放送してくれるとありがたいのですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント