3年も前の話とはねえ

今から約3年前の2018年5月、「紀州のドン・ファン」と呼ばれた会社経営者が急性覚醒剤中毒で死亡する、という事件がありましたが、事件から3年近くたった今日、元妻が殺人と覚せい剤取締法違反で逮捕されたそうですね。

「「紀州のドン・ファン」不審死、25歳の元妻を殺人容疑で逮捕」
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210428-OYT1T50122/
「事件の3か月前結婚、「しょっちゅうもめていた」…一緒にいた時間に覚醒剤飲ませたか」
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210428-OYT1T50152/

事件が発生した当時は覚せい剤中毒と言ったことや事件に関していろいろと不審な部分があったので大分話題になった記憶がありますが、流石に物的証拠が乏しかったのかなかなか捜査が進展せずにいつの間にか話題にも上らなくなりましたが、ここに来て急展開を迎えたのには正直言って管理人も驚きましたね。
いや、もしかしたら事件発生当時からこの元妻も重要参考人の一人だったと思いますし、もしかしたら「この元妻が殺害したんじゃねえの?」と思っていた人もいるかもしれませんが、ただ正直言うと直接的な証拠はなく、間接的な証拠ばかりですからね。

確かに事件発生当時、この会社経営者が77歳に対して元妻が22歳というのはいくら何でも若すぎますし(それこそ親子くらいの年齢があるし)、13億ともいわれる遺産が目当てだった、という動機面では十分に考えられるものですが(一時流行った言葉で言うと「後妻業」というやつ。故・やしきたかじんの最後の妻であるさくらもそれじゃないか、なんて言われていたしね)、何度も言う通り直接的な証拠がありませんからね。ですからこれから立証するのはかなり厳しいのではないか、と思いますが、でもまあ逆を言うと3年かけて証拠を積み重ねたから逮捕に踏み切った、という事も言えるのかもしれませんが。

今回の事件に関しては殺害の動機もそうですが、どうやって覚せい剤を入手したのか、というのも事件の一つのカギになるような気もしますね。犯人は複数なのではないか、というのはそれこそ事件発生当時から言われていましたし、今回の件についても覚せい剤を入手した以上、絶対に相手がいるはずですからね。
いずれにせよ事件はここに来て新展開を迎えた、と言ってもいいかもしれませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント