果たして4日目から入れられるのか?

緊急事態宣言が発令されたことでプロ野球も巨人とヤクルトが期限内に行われる試合のうち2~3試合の延長を発表しましたが、その期限中の5月9日に初日が開催される大相撲夏場所(両国国技館)もこういうことが決まったようですね。

「大相撲夏場所3日目(11日)まで無観客開催 日本相撲協会発表」
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/cms/article/regist/input
「大相撲夏場所3日目まで無観客を決定 緊急事態宣言延長の場合、芝田山広報部長「そのときにこちらも対応を考える」」
https://news.yahoo.co.jp/articles/7342c6063a2838143ef95b76d09f64d85cab3a1b

大相撲の無観客試合そのものは昨年3月に行われた大阪での春場所(この時は初日から千秋楽まで15日間無観客だった)があったので今回が2度目となるわけですが東京での無観客試合というのは初めてのことなんですよね。
まあ、地上波だとNHKで、ネットだとABEMA TVで放送するので全く見られない、というわけでもないし、もし緊急事態宣言が解除されたとしたら4日目(12日から)は通常通り有観客(但し上限である5000人まで。両国国技館のキャパは約11000人)で行うそうですが、いや、もちろんそれまでの間に解除されることがベストなのですが、本当に4日目から観客を入れることができるのか、という事もありますし、もし延長になったらどうするのかという事も考えなければいけないでしょう。

いや、確か相撲協会は去年の3月のときには「場所中に感染者が出たら直ちに中止」という方針を打ち出しましたし、結局それで昨年5月の場所は中止を決定したのですからそういった場合の対策というのも考えてはいると思いますし、今のところ(昨年7月以降は国技館でのみ開催なので)国技館の大相撲の観客の中からクラスターが発生した、という話は聞きませんからもし仮に4日目以降有観客試合を行ったとしても今まで通りかもしれませんが世の中には絶対というのはありませんからね。ですので、今回の場所も15日間ちゃんと感染対策を取ったうえで興行を行ってほしいですね。

いや、大相撲は連休明けの開催ですからもしかしたらそれほどダメージはないのかもしれませんが、上に書いたプロ野球のように連休中に試合を無観客や延期という事でかなりのダメージを受けているところもありますからね(まあ、去年はこの時期試合をやっていなかったらそれに比べればましかもしれないが)。これ以上感染を広めずにダメージを最小限にする工夫をしてほしいと思います。令和三年 (2021年) 大相撲力士名鑑 - 「相撲」編集部
令和三年 (2021年) 大相撲力士名鑑 - 「相撲」編集部

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント