どんな映画になるんだか

日本のアニメがハリウッドで映画化、というのは結構あるようで、先日「別冊少年マガジン」での連載が終了した「進撃の巨人」をはじめとして「君の名は。」や「ONE PIECE」といった人気漫画の映画化が進んでいるようですが(もちろん中には「エヴァ」のように企画倒れに終わったものや「AKIRA」のように一度2021年5月公開が決定したものの、その後延期が決定したのもあるが)、以前から噂のあったこの作品の実写版が制作発表されたそうですね。

「ガンダムの実写映画がNetflixで配信決定。監督は『キングコング: 髑髏島の巨神』のジョーダン・ヴォート=ロバーツ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/148054d9e3402936e456ce539f722d09fd8801ac
「Netflix、「ガンダム」実写版製作発表 「キングコング: 髑髏島の巨神」のロバーツ監督で」
https://news.yahoo.co.jp/articles/705676052dcd50bce5110978bdf9edfd7234a5f2

管理人が聞いた話でちょっと不確定な部分もあるのですが、欧米でも「ガンダム」のファンはいますけれど、どちらかというとファーストやZのような所謂「宇宙世紀もの」より「SEED」や「00」の様な「アナザーガンダム」の方が人気があるとかいう話なんですよね。
今回実写化される作品というのはどうなるのか分かりませんが、果たしてどんな作品になりますかね?

いや、制作は日本でも「名探偵ピカチュウ」や5月に公開される「ゴジラVSコング」を製作しているレジェンダリー社がやるそうですから一定のクオリティは保証されると思いますが、登場人物はどうなるんだ、という事になりますが。
いや、ガンダムと実写というと1997年にPS(念のために言っておくが「2」とか「3」が付かない一番最初の機種)で発売された「GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH」と言うのがあるのですが、あれはMSなどのメカはCGで、登場人物が外国人(ただし日本発売版はアニメの声優が同一人物を吹き替えているらしいが)という作品で、ファンの間からかなりイメージが違うと酷評されたそうですからね。今回の作品も同じようなことになると思うのですが、誰がやっても同じような評価になるのではないか、と管理人は思うのですが。

いや、アニメや漫画の作品を実写化、というのはもともとがハードルが高いのではないか(そう簡単に漫画のイメージに合うようなキャラなんていないしね)と思いますが、少なくともファンを落胆させるような作品(「DRAGONBALL EVOLUTION」のように原作者までが落胆した実写化もあったが)にならないでほしいと思います。

U.C.ガンダムBlu-rayライブラリーズ 機動戦士ガンダム - 富野由悠季
U.C.ガンダムBlu-rayライブラリーズ 機動戦士ガンダム - 富野由悠季

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント