あまり前任者は意識しない方が

去る3月28日の放送をもって初代ナレーションのキートン山田氏が卒業した「ちびまる子ちゃん」ですが、その後任が誰になるのか気になっていた人も多いと思いますが、この度決定したようですね。

「キートン山田が卒業の「ちびまる子ちゃん」、新ナレーションはきむら きょうや 4月4日から」
https://news.yahoo.co.jp/articles/00948c16f7fd0697a461d892e67217d0fca47d43
「<ちびまる子ちゃん>きむらきょうやが新たなナレーターに「ああ声優の神様、突然すごいお仕事を…」」
https://news.yahoo.co.jp/articles/ed6eb79a4d4057582a66693adc8af50b91e66ee1

「きむらきょうや」とひらがなで書かれてもわからない人もいると思いますが「木村匡也」と書けば「ああ、あの人か」と思った人も多いと思いますね。かつての人気番組「めちゃ×2イケてるッ!」や「電波少年」シリーズのナレーション、と言えばこの人ですから。
(ちなみに1990年に旗揚げしたプロレス団体・SWSの旗揚げ戦の実況も担当してこれがまた大不評だったのは本人も黒歴史にしたいだろうな。ちなみに今日はSWSに所属していた時の北尾光司の「この八百長野郎!」発言があった日(1991年4月1日)からちょうど30年)
最初本人に話があってから1か月連絡がなく「怪しい! これはTVのドッキリだ」と思っていたら本当だと言われて驚いたそうですが(まあ、今日そういう話があったら間違いなくドッキリだろうが)、ただやっぱりこの手のアニメの宿命として最初の頃は違和感を拭えないのではないか、と思うんですよね。

実は管理人4月4日の放送までナレーションが誰なのか明かさずに(当然番組もそのまま進行)、当日のエンディングでにサプライズ的に発表するのかな、と思っていたのですが、そうなると話題にはなるものの賛否両論分かれてしまう可能性もありますからね。それもあって事前に発表したのかな、という気もしますが(収録そのものは数日前に終わったようだが)、実際に当日の放送を見てみなければ何とも言えないのは事実ですが。
とは言え、あまり前任者のナレーションに似せようと思わずに自分の思った通りのやり方でナレーションを入れてもいいと思いますね。最初は違和感を感じることになるとは思いますが、慣れれば「きむらさんのナレーションもいい」という事になると思いますから。
それにしても管理人の住んでいる茨城県最大の家電量販店「ケーズデンキ」のイメージキャラクターがちびまる子ちゃんだけれど、店内に流れるCMもナレーションを新しく撮るのかしら…? そのうち確認しに行ってきます。

ちびまる子ちゃん 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL) - さくらももこ
ちびまる子ちゃん 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL) - さくらももこ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント